インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

タグ:UNIQLO

暫くブログをご無沙汰してしまいました。


実は、私の好きの根幹を揺るがす大事件が勃発し、精神状況が普通ではありませんでした

日本に帰国している友人からも「日本からブログを見てるけど、大丈夫?」とのメッセージを頂いたりしましたが、元気ですのでご安心ください

外出もせず家でだらけているのにも関わらず、あまりの衝撃でダイエットも出来ました
(これまでも年に1度は、この件でダイエットできたんですけどね。)


またぼちぼち更新していきたいと思いますのでよろしくお願いします




さて、インドは新型コロナウイルスの世界的流行によって始まったロックダウンを徐々に解除していくアンロックが続いています。



私といえば、石橋を叩いて渡らずに結局壊すくらいの心配性

3月~5月のロックダウン中に外出せず、6月になって私のあまりの外出しなさに心配したmyダンナ様に1時間くらいの外出に3回連れ出されただけです
(myダンナ様には「そんなに心配なら日本に帰れよ」とずっと言われていますが、日本に帰っても一人だもん)

この事態になる前から友達も少なく引きこもりがちでおうち大好きの私は、特に問題ない生活を送っています

その6月の最後にmyダンナ様に連れ出されたのが、ユニクロにエアリズムを買いに行く」でした。


グルガオン(グルグラム)にあるお洒落レストラン街、サイバーハブ Cyber Hub に行ってきました
(地図はこの記事最後)


サイバーハブの中に入る前、普段は荷物チェックだけだったのですが、現在はそれに加えて体温チェックとインドの新型コロナ接触追跡アプリ「Aarogya Setu」チェックがあります。

Aarogya Setu、私はYou are Safeだったので無事に入ることが出来ました
FullSizeRender



さて、オフィス街に隣接するサイバーハブなので、休日は比較的人少な目ですが、コロナ禍の前よりもっと少な目です
FullSizeRender


その原因は、レストラン街なのにまだこちらのレストランは再開していないから。
6月末の時点で開いていたのがユニクロと美容院くらいでいた


ユニクロはオープンしていました
FullSizeRender


入り口前にはこんな注意書きが
IMG

マスクをして手を消毒して中に

中も、人は少なめ。
そんな中、日本人と思しき方々が何人もいる……さすが日本が誇るユニクロみんな大好き


なるはやで買い物を済ませてきました。


買ったモノは家の中にこのまま持ち込めない我が家のルールのため、玄関で撮影
IMG

myダンナ様のエアリズムのTシャツと靴下、そして私が衝動買いしたセール品の棚にあったUT



洗ったので私のUTを公開。

去年のがセールになっていたポケモンUT
IMG

アイスバーのピカチュウピカー

去年のバージョンも日本で大人気だった噂のポケモンUT。
大きいサイズしかなかったのですが、衝動買いしてしまいました

家で着てピカピケ言いながらおこもり生活します


ちなみに、このときはまだ売っていなかった今年のバージョンのポケモンUTがもうそろそろ売っているとか…(HPより)
もう一度見に行かなくちゃ



さて、サイバーハブですが、日本のカレー屋さん CoCo壱番屋 CoCo ICHIBANNYA が7月にはオープンするそうです
FullSizeRender

チキンが美味しいナンドスの真上

ココイチのカレーがインドで食べれる日が来るなんて
オープンするのを楽しみにしています




過去の記事






UNIQLO DLF CyberHub
DLF CyberHub, DLF Phase 2, Gurugram, Haryana








Twitterをチェック☟
     



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ




ユニクロ UNIQLOのインドのHPを見ていたら、日本で2019秋に発売というネット記事を見て欲しいと思ったユニクロと INES DE LA FRESSANGE(イネス・ド・ラ・フレサンジュ)のコラボ商品のひとつが値下げになっているのに気が付きました。
※インドのユニクロは現時点ではまだネットショッピングができません。

イネスの商品は私の世代にも着やすい、シンプルでカジュアルなのにキチンと見える商品が多いので、毎シーズン注目しているのです



サイバーハブに出来たインドの2号店に行ったときに、店員さんに尋ねたところ、

「この商品はバサントクンジ店にあります。」

とのこと。



これは行くしかないと、バサントクンジのアンビエンスモールにあるユニクロまで行ってきました。(地図はこの記事最後)


ユニクロ バサントクンジ・アンビエンスモール店(右端)
FullSizeRender


夜に行くとこんな感じ
FullSizeRender

テンション上がる~


アンビエンスモールの店内から見るとこんな感じになっています
FullSizeRender

3フロア分がユニクロです


サイバーハブで買ってしまった、日本で未発売のマリメッコ Marimekkoとのコラボ 2019FWもまだたくさんありました
FullSizeRender


私の欲しいイネスのコラボ商品はマネキン1体が着ていたのですが、どこにあるのか分からず、店員さんに商品のスクショを見せて聞きました。
※商品番号が分かっていると、その番号で店員さんが端末で検索してくれ、色やサイズの在庫も分かります。


場所を聞いて、そのフロアに探しに行ったら、色やサイズは残り少なくなっていましたが、まだあった
もちろん買い物かごに入れて、さらに店内を徘徊


買う予定ではないものとmyダンナ様用まで買ってきてしまいました
FullSizeRender


大2袋

……いや、私と同時刻にアンビエンスモールの車寄せで車を待っている方(日本人に非ず)は、ほぼユニクロの袋を持っていましたよ
私だけじゃないんですよ


さて、結局買ったものは、ユニクロのコラボ商品
FullSizeRender

欲しかったイネス(右)以外に、JWアンダーソンのフリースジャケット(左上、左下)。

実はこの3商品は、日本のユニクロのHPでは既に売り切れやサイズがない商品
日本で残っていても、値引きしているインドの方が安かったんです


日本ではユニクロのコラボ商品は発売前から注目が集まるものが多いのに販売数が通常の品より少ない場合が多く、さらに売り切れてしまったら追加生産はほぼしないため、いわゆる「ユニ被り」(着ているユニクロ商品が他の人と被る現象)の心配が少なくていいんですよ(私の印象)


先日、インドの友人マダム達にユニクロは被るから、部屋着と下着しか買わないよ~と言われてしまいましたが、めげずに「コラボ商品を見に行って」とお勧めしておきました。




更にこれ以外に、値引きされていたこんなものも買い足してしまいました
IMG

コチラはUniqlo Uのスカート、ちょっとつるんとした素材とその素材のハリ感で作られる形が気に入ってイロチ購入。

Uniqlo U
アーティスティックディレクターを務めるクリストフ・ルメールが、世界を代表する一流ブランドで培った美意識と専門技術を生かし、パリのR&Dセンター(リサーチ&ディベロップメントセンター)と共に作り上げた、Uniqlo Uの最新コレクションです。(ユニクロ)

クリストフ・ルメールはエルメスのアーティスティックディレクターを務めたこともあるデザイナーなので、このお値段で買えるのはすごい

ちなみにこちらのスカートは、現在は日本の方がかなりお安いのですが、ネットだともうサイズがない



日本だと既に売り切れの商品がインドではまだ売っている可能性があるので、もし気になるモノがあるときにはインドのユニクロを覗いてみるのもいいですよ




そして今回、日本で販売があるものを買っていて重大なことに気が付きました。


日本で990円で売っているものは、インドではRs.990(約1500円)で日本の1.5倍のお値段が付いていましたが、

日本で9,990円のものは、インドではRs.7,990(約12,300円)1.23倍

日本で14,900円のものは、インドではRs.9990(約15,400円)1.03倍

と、元のお値段が上がると、日本との価格差がほぼない

さらにインドの価格は内税なので、税込み価格で比べると

高価格帯は日本よりインドの方が安い


ユニクロの高めの価格帯のものはインドで購入もありですよ
もちろん売り切れる前にチェック




さて、そんなユニクロですが、先日、日本でこんなことが言われているのを発見してしまいました
(↑ちょい日本語不自由ですみません

日本ユニクロで、去年秋頃から使われている紙袋をチェックしましたが、私が入れてもらったクラフト紙の紙袋と同じデザインでした。

ウ○チ臭いということは、インド製なのか…日本に帰ってユニクロで買い物したらチェックしようと思いますが、チェックしたよという方は是非ご一報を



さて最後に、あのユニクロの臭いと噂(私は感じなかった…慣れ?)の大きい紙袋2個を持って車を待っている最中に、インドの結婚式用デコレーション車が通りました
FullSizeRender

この斜めにリボンを通しているところがお洒落感を醸しているのかな……これに乗った方が幸せになりますように




UNIQLO アンビエンスモール・バサントクンジ店
UNIQLO Ambience Mall, Vasant Kunj - Large Store
Ambience Mall, Vasant Kunj, No. 2, Nelson Mandela Marg, Vasant Kunj, New Delhi




 


Twitterをチェック☟
     



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



11月28日、グルガオン(グルグラム)のサイバーハブにインドのユニクロ 2号店がオープンし、オープン当日に行ってきました





後日会った友人Mさんに

「初日にサイバーハブのユニクロに行ったけど、混んでてレジ諦めたー
でもマリメッコ可愛かったよ

と話したところ、

「また行けてないので、これから行こう

となり、再び行くことに



……もう一度行くなんて、物欲の塊の私ですから、ヤな予感しかしない(いい予感?)




そして再びサイバーハブ DLF CyberHubへ。(地図は記事最後)
この飾りを見るたびにテンション上がります
FullSizeRender


そしてユニクロ サイバーハブ店は、やはりインドの方々で混んでいました(初日ほどではない)
FullSizeRender


Mさん、入口近くのマネキンが着たマリメッコで喜ぶ

そして脇目も振らずに1st FL(日本の2階)のUNIQLO × marimekko 2019FW コーナーへ
FullSizeRender


可愛い



ちなみに再びマリメッコの説明。
マリメッコ Marimekko
マリメッコは、フィンランドのブランド。
鮮やかな柄モノで有名なのです。


参考:
友人からフィンランド土産にいただいたマリメッコの紙ナプキン
こういう柄のやつです。
FullSizeRender




2018年からユニクロがマリメッコとのコラボ商品を出しているのは知っていたのですが、なんと2019-2020の秋冬コレクションは現在のところ海外限定で、日本では発売未定




今回ご一緒したMさんは、実はマリメッコの故郷フィンランドに旅行に行ったときに、フィンランドのマリメッコを見てきたとのこと。

Mさんも私と同じく、発売前から事前にユニクロxマリメッコ2019FWのラインナップをネットで検索し、

「このお値段ではフィンランドじゃ買えない

となったらしい。



日本に今年帰国してしまったお買い物マダムOさん(フィンランドに旅行経験あり)にユニクロxマリメッコのことを話したら、更に日本で販売しているマリメッコの商品の値段までもチェックして、

「これは確実に買いだよ

と意気込んでいました



さて、ウキウキのMさんと迷いに迷って、数点を試着室へ…

試着室も丁度混んでなくてスムーズに入ることができました。(ちなみに1回に4点まで。)
初日は対応がイマイチとも思った店員さんも、この日はどの人もかなり対応が良かったです。



そして、レジも混んでなかったので………遂に買っちゃいました
ふふ、物欲
378ed43f

すべてユニクロxマリメッコ。
配色ニットワンピ(左)と配色セーター(中)と中綿マフラー(右)

ワンピとセーターは買うつもりはなかったのに、試着してみたら予想以上に良かったんです

ワンピはもう一色(紫x緑)と迷って、この明るいグレーx白に
Mさんとおソロです
(普段の行動パターンが結構かぶらないので、双子コーデになることはない、と踏みました)



そして、なんと、もうもらえないと思っていたノベリティーの布トートバッグも頂きました
4e2ef41e

これは嬉しい
買い物した人先着200名だったそうで……初日はレジが混んでいる割に実際に購入した人数としては少なかったのかも。
ひとりひとりがかご一杯買っていたのでレジが遅かったのか?

このトートは皆に自慢しちゃお



ちなみにMさんはお子さんの分も含め、もちろん私よりも爆買いしていました。
お子さんとのおソロコーデ、絶対可愛いデス


そして、また後日、再びユニクロに行って、日本にいるマダムOさんの分のユニクロxマリメッコも買った来ましたよ
無事に買えてよかった



UNIQLO × marimekko 2019FWが気になる方は、店舗に行ってくださいね
欲しくなること請け合いです




ユニクロ (グルガオン サイバーハブ店) 
UNIQLO DLF CyberHub - Standard Store
DLF CyberHub, DLF Phase 2, Gurugram









Twitterをチェック☟
     



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ





このページのトップヘ