インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

タグ:砂嵐

インド、グルガオン(グルグラム)はもう初夏(一応)。

だいぶ暑くなり、30℃後半の気温が出るようになりました
image


昼間に出かけようとして、ちょっと気になったのが、午後のこの雷マークと降水確率

昼の時点で、いつもより曇が少し厚めな感じがしたので、買い物をダッシュで済ませて家に帰ることに


……と決意したのに、買い物が終わって車を呼ぼうとドライバーに電話をしたら、

ドライバー「車が動かなくなりました。今、修理呼んでます。」

ガーン

私「どのくらいで迎えに来てくれるの?」

ド「30分くらい

ただただ、買い物をしていたのがモールでよかった。
外の暑さに耐えきれず、スタバに戻ってアイスラテ飲んじゃいましたよ
image

くつろいでいたら、無事に車が迎えに来ました。

……多分、バッテリー上がっただけだと思いますけどね


そのあともう1か所寄って、私が帰ってきたときは曇り。
まだ天気は大丈夫そうだったので、ベランダで土いじりをしていたら、すっごい風が吹いてきたので、緊急に家に避難


少し後には、外はこんな状態に


砂嵐来たー
熱風がインドの黄褐色の砂を巻き込んで、窓の外が黄褐色

この近郊では、一番暑い暑季になる前(3月後半から4月前半あたり)と暑季から雨季に代わる頃(5月後半から6月前半あたり)の季節の変わり目にこのような状態が起こります。
(とはいえ、長くても1回2-3時間です。)



さて、窓の外を見つつ、「この風の強さだと、IGI空港は危険かな?」と、携帯で「Flightradar24」(飛んでいる飛行機がわかる。PC版、スマホアプリもあります。)をチェックしたところ、デリー近くにJALマークの飛行機

夕方に到着するJALのJL749、成田発デリー着の飛行機

そして、ぐるぐる回ってる~


デリーのIGI空港に降りれない飛行機で既に上空は大渋滞

上空でぐるぐる回るのは私にとってトラウマなので、フライトレーダーを見ているだけで動悸が


  私のトラウマ、伝説のぐるぐる→長かった…バンコク→デリー空の旅


日本人学校はもうそろそろ春休みも終わりの頃……お子さんやお母さんたちが帰ってくる季節
その後も、JAL便がどうなるのかチェックしていたら、他の飛行機数機とともにパキスタン国境近くまで行ってる遠いよ


そして……


結局デリーではなく、パキスタン国境近くのアムリトサルに到着地変更
ちゃんとデリーに戻るとは思いますが…ひたすら不憫としかいいようがありません。

砂嵐はほんの数時間ですが、こういうことがあるので油断はならないです


そして、外は小雨になり、一気に気温も下がりました
image



このお天気アプリの表記通り、雷がゴロゴロ
image


昼間の暑い大気と涼しい大気がぶつかって嵐が起こるのが分かりやすいインドなのでした。


この嵐の中、外にいたり、飛行機に乗っていたりして、大変な目にお会いになった方はゆっくり休んでくださいね


そして、今夜、国内出張から飛行機で帰ってくる予定のmyダンナ様が無事に帰ってくるのを願うのみです(笑えない)




にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る
        






小ネタ。
先日デリーにGAPのインド1号店がオープンしましたが、今度はついに無印が来るそうです。

「無印良品」インド進出 地元最大の民間企業傘下と合弁会社設立へ (Fashionsnap.com News)


……といっても、合弁会社設立、なので、気になるのは、店舗が出来る日はいつになる事かと、価格をどれくらいに押さえられるか、ですね

インドは海外企業の商品の価格が日本より高くなってしまうので(GAPやZARAや、高級ブランド品も、基本日本より高いです)、チョイ高くらいで収めてもらうと、私達も購買意欲が沸くのですが





さて、暫く更新が出来なかった理由、それは、myダンナ様が去年から「そろそろ引越し」と言い続けていたのですが、それがついに実現したからです

住んでいたところはクジャクがいるし結構好きだったのですが、隣にあるヒンズー教の寺が煩すぎて、ダンナ様が耐えられないということで、引越しすることになりました。


ちなみにお隣に住んでいたインド人家族はちょうど1ヶ月ほど前に引越してしまいましたが、そのときにお隣のインド人マダムが「ビレッジピーポーが煩すぎる。ダンナがキレた。」といっていました
インド人もあの寺の夜な夜な大フーバーは煩かったのか

我が家より後に、改装に1ヶ月以上掛けてから引っ越してきたのに、引っ越してしまいました


さて、我が家の引越しの仕度は自分で。
2週間ほど前にダンボールを貰ってひたすら荷造り。
(日○さんとか頼みたかったよー


荷造りを頑張っていたのですが、問題発生。

私の疲れがかなり溜まっていた引越し前夜になって、長男の具合がすごく悪くなり、当日の早朝に倒れてしまったのです。

長男のドクターに連絡したところ、「朝8時からオペがあるので朝10時にクリニックまで来て」と言われましたが、なんと引越し業者が来るのも10時

ダンナ様はもちろん仕事へ出発。私ひとりでどうするのーーーー



とりあえず、片付けられずに残った荷物の仕度と引越し業者が来たときの指示をサーバント君にお願いしてからペットクリニックへ…。


到着したペットクリニックは満員。

待合室の私の目の前には縫い傷が痛々しい麻酔でじっとしているボクサー、その横にダックスフント、すぐそこにある診察台では老犬シェパードが点滴中、そして奥から運び出されるビーグル。
(この様子を見ていると、ペットクリニックに来れる犬はインドではハイソな家庭に飼われているのだということを実感します。(うち以外))

色々な不安になり泣きそうになりながらも長男の診察。
どうやら感染症で高熱がでているとのことで、暫く1日2回の病院通いを言い渡されました
引越しでバタバタして不安になってしまったのかも…長男ごめんね


診察も終わり、急いで帰宅したら、引越し業者と会社の人数人(すべてインド人)が来ていて、引越しが始まっていました。
(もちろん、インド時間なので10時には来なかったです


グッタリの長男を気にしながらも、最後の仕度と指示で、私さらにお疲れ。

すごく暑い中、トラックに荷積み。
インドの引越し会社なので、コンテナじゃありません

image

ちなみに自分で持っていこうとワザワザ別にしてあったスーツケースが載せられているし
(この後、降ろしてもらいました。)


バタバタしながらも、グルガオン市内の新居へ、荷物を載せたトラックも私の乗った車も、ついに出発

荷積みのときは晴れて40度越えだったのに、出発する瞬間にいきなり空が曇りだし……


嫌な予感は的中。

出発して2分で強風になり、5分後には今年最大の
砂嵐


そうだ、今日は晴れ男のダンナ様が会社にいってココにいない、ということは私の嵐を呼ぶ女全開じゃないですか
(嵐を呼ぶ女参考:2014年買出し旅行に於ける飛行機悪夢総括。その3


もうこんなんですよ

image

途中で木の枝は折れているし、砂や小石が車に当たるし。
前方の視界は最悪、車は何とか走っていますが、バイクや自転車の方は運転中止して非難していました。

この幻想的な風景

image

まさに私の嵐を呼ぶ女伝説新しい1ページが加わった瞬間?


上の写真は本当はこんなところです(次の日。いい天気です。)

image


砂嵐15分くらいしたら今度は雨がぽつぽつ
新居に着いたときには大粒の雨に。


うちの荷物を運んでいるトラックには屋根が無いのですが


荷物は何とか新居へ到着しましたが、砂と雨でデロデロ、もちろん家の中は砂だらけに
さらには、皆とりあえず荷物を家に入れるだけなので、ダンボール箱の天地は逆さま、重いのに3個4個重ねて置くのは当たり前……どうやって私に降ろせというのか

天地を正させて、正しい部屋の位置に置かせるだけで最後の最後に本当に疲れてしまいました。


被害は、

基本殆どのものが雨と砂でデロデロなこと。
本棚のガラス扉とレンジの受け皿を割られたこと。
靴箱が雨に塗れてぬれてべろんと剥がれたこと。
大きな電気スタンドのシェード(白)が汚れて再起不能になったこと。

この程度で済んで良かった言っていいのか



その後、長男は1日2回x3日間病院に通い点滴も受けてしまったのですが、今は何とかご飯も食べるようになり、足取りも軽快になりつつあります。


今日はお散歩中にトカゲに会いました

image

(この後、携帯のシャッター音にびっくりして逃げました。)
 

ご飯も食べて新居で寛ぐ長男

image

私はもうしばらく新居の片付けを頑張りたいと思います






Twitterをチェック☟
     



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



小ネタ。
ムンバイが既にこんな気温に

ムンバイで40.8度を記録、3月中の気温としては過去10年間で2番目に高気温 (レスポンス)


ムンバイはここ(デリーの隣のグルガオン)からは南に1000km位は行ったところなので…。

と余裕に思っていますが先週の時点でこちらも最高気温が35度になっていました
こちらはただ今春ということで、砂嵐を経なが三寒四温で暑くなっています。
三寒でも30度くらいありますが

今日も外を見たところ荒れた天気になりそうで、既に砂でここまで曇っています
外出時はご注意を……

image





さて、少し前から手が痛かったので病院にいったところ、ドクターから痛み止めの錠剤と塗り薬を処方されました

image

その塗り薬がVoliniです。

そういえば、少し前に日本に帰国してしまったYさんが、これのことを「インドのバンテリンといっていた記憶が…。


市販の薬なのですが、ドクターが処方するNo.1痛み止めらしい。

image

私もドクターに処方されましたから。

で1日に数回塗ってみたところ、かなり効いている感じ。
塗り心地はそんなにべとべとせず、臭いはすっとするメントールが強すぎず弱すぎず。


これはなかなかなんじゃない?と思い、一応成分を調べてみました。

ジクロフェナク配合。


更に調べてみると、これ、何とナボールゲルボルタレンゲル(日本ではお医者さんで処方される痛み止めの塗り薬)のジェネリックだそうで……これは効くわけだ


日本だと、ボルタレンゲルは調剤とほぼ同成分のものを第2類医薬品としてドラックストア等で買うことができますが、お値段はこのくらい





でもこちらの商品は現在のところ、50gでRs.124(約220円)。

それも薬局ではもちろんのこと、普通のスーパーマーケットの日用品売り場にも売っていました



どこにも売っているというのは便利といえば便利なのですが、ちょっと不安になることも
薬が簡単に手に入ってしまう……まさにインドあるある



でも痛いのには変えられないので、ドクターの言うことを守ってきちんと塗りたいと思います。

皆様も、用量、用法を守ってお使いください

 



ぽちっとお願いします→にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

ぼやき気味です→
 

このページのトップヘ