インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

タグ:猿

小ネタ。
インドの主要道から500m以内で酒販売禁止がNHKニュースになっていました

インドで飲酒運転撲滅へ酒販売規制 経済には影響も (NHKニュース)
  

日本に帰ってしまった元インド駐妻達に報告をしたところ、

「かなりキツイ」「酒屋だけじゃないんだ…」

とのお言葉をいただきました

そして産経ニュースではサイバーハブが

主要道から500メートル内で酒販売禁止、インドで飲酒運転事故多発に対応 業界からは不満噴出(産経ニュース)
日本人が多く住む州内グルガオンにある商業施設「サイバーハブ」の飲食店従業員は「客は9割減だ」と弱り顔で話した。
サイバーハブCyber Hubに行ったのですが、お酒系レストラン&バーの店舗からは悲壮な雰囲気が

インドのニュースによると、MGロードやゴルフコースロードは対象になっていないようで、そちらのモールなどに移転も考えているのだとか。
サイバーハブ、あんなにきれいに作ったのに…可哀そうすぎる
(綺麗なサイバーハブ参考:サイバーハブの記事)




さて、階段井戸チャンドバオリに行って(記事:念願のチャンドバオリに行く)、次に向かったのが、ジャイプールから北東に50㎞くらいいったところにあるバーンガルフォート(Bhangarh Fort भानगढ़ दुर्ग)。

城塞を中心とする廃墟の町です。


実はここ、インドで最も呪われた場所と呼ばれているそうで、一緒に行ったNさんはインドの方に「え?!バーンガルフォートに行くなんて、呪われるよと言われたらしい



16世紀に作られたのですが18世紀には廃墟に。
その理由が、もともとこの地に住んでいたサドゥーに背いた呪いとか、王女に恋をした黒魔術師の呪いとか言われています。
そして今では呪われた地として知られることとなり、日没から日の出までの間、この地に入ることは禁止されているそうです。

そうか、こんなところに行くつもりだったから、チャンドバオリの駐車場の看板の手が呪われているように見えたのね


もちろんバーンガルフォートには呪われないように昼間に行ってきました



まずはフォートの手前の街部分

image01

上部がなくなった石を積んだ街の跡がずっと並んでいます。


見ての通り、荒れ野の山に廃墟が続くような場所なので、遺跡といえど動物天国。


リス

image02-3



ヤギ

image02-4

廃墟の上をぴょんぴょん走っていました。
ここに入った直後、ヤギの落とし物っぽいものがたくさん落ちているな…と思ったのですが、やはりいました


家畜のヤギがいるということは、もちろん牛も

image02-1

牛は観光客がぞろぞろ通る道に堂々と午後の休憩中。


そして猿も

image02-2

山に廃墟に、猿が自由奔放に暴れ放題です。



そんな動物達を見ながら廃墟の街をずっと進むと……

image03


立派な門が登場

image04

猿も一緒に移動しています


門の中には、城塞が(クリックすると大きな画像が↓)

image-p1

山の斜面に建つ城塞、なかなか立派。


折角なので城塞に上ってみました(クリックすると大きな画像が↓)

image-p2

見晴らしがすごくいい(でも霞んでいますが。)


眼下はまさしく廃墟

image06

崩れた石はそのままになっているし、通り道はありますが転びそうです。
折角だからもう少し整備すればいいのに

でもこんなところに登れてしまって柵もないところがインドです



城塞の前は芝生の広場になっていて、インド人がのんびりピクニック……

image08

と思いきや、真ん中で食事をする女性と子供の周りに男性が立ち、猿に狙われないように警戒中
ちょっとでも油断すると猿にお弁当をかっさらわれます。
(そんなところでもお弁当を食べようとする、それがインド人)


猿と人間の攻防を横目に、ワンコはのんびりお昼寝中でした

image07

平和~まったく呪われてる感はないです


この後、帰り道で何かあったら呪われたということで……と思ったら何もなかったので、多分呪われなかったということにしておきます。
(※ 私は霊感0。)

今回の画像のなかで何か写ってはいけないものが写っているようなものがありましたらご一報を



こちらは、霊を感じる人も多いようで、生きている人間に与える悪影響が強い為、政府は法律で日の入りから日の出までの立ち入りを禁止していますが、夜に入ったら街灯もなく真っ暗なので確実に転んで怪我します。
夜間立入禁止にして正解




Bhangarh Fort
 Alwar, Rajasthan


 


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る
        


今夜は月がいつもより地球に接近して大きく見えるスーパームーン
最近では一番大きいのだとか。

今夜スーパームーン、満月が68年ぶりの大きさに (CNN.co.jp)

米航空宇宙局(NASA)によると、月がこれほど大きく見えるのは1948年以来、68年ぶり。次に観測できるのは2034年になるという。
スーパームーンは、月の軌道が地球に最接近する日に満月が重なると観測でき、一般的には普段の満月よりも14%大きく、30%明るく見える。

先程、外に出て10分くらいお月見及び撮影してきました。
インドは3連休の最終日で比較的空気が綺麗なようで、一応赤い月がちゃんと見れました

image


綺麗な月で心が洗われます。
インドの大気汚染も洗わて欲しいものです

(以前のスーパームーン
インドでスーパームーン♪
インドでスーパームーン♪中秋の名月の次の日編)





さて、我が家のあるアパートメントにアカゲザル撃退猿ハヌマンラングールを連れて猿使いのお兄さんが来ていました
もしや再びアパートメントにアカゲザルが出たのかしら?
(このまえ猿が出た話:私的最近のインドっぽいプチ事件簿)


猿使いのお兄さん、紫のシャツが鮮やです

image



働く猿ラングールさん、大股開きで座りのんびりとザクロを食べていました

image


「写真撮っていい?」と話しかけたら、猿使いのお兄さんとその傍にいたオジサン(黒い靴。部外者)のご両人に

「OK 触っていいよ。握手しなよ

と勧められましたが、写真だけ撮って、握手は謹んでご辞退申し上げました






……で、次の日、外に出たら、普通にアカゲザル(大、もちろん野生)が屋根の上をのんびり歩いているのを発見

image


きっとまたアパートメントに猿使いさんが呼ばれること間違いなしです。

まだまだ、ハヌマンラングールさんとアカゲザルの戦いは続く 



 

読み終わったらぽちっとお願いします
       →にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

ぼやき気味です→
 

最初にもちろんこの話。
ディワリ後のデリー近郊の大気汚染は予想通り、とんでもない値になっています。


大気汚染、危険水準超え=ヒンズー教祝祭の花火で-インド 国際ニュース (AFPBB News)


外が薄暗くなって花火が始まってから1時間後には外が真っ白になり火薬の焼けた臭いがずっと漂っているのは、大気汚染の数値に表すととんでもない値になっているのですよね。
今年は空気が悪くなるのがここ数年で一番早い気がしていたのですが、このディワリでさらに大気汚染が悪化していく気が…喉痛くなり咳が出るし、目もしばしばするので本当に何とかしてほしいです。

参考に→Vikas Sadan Gurgaonの大気汚染:リアルタイム大気質指標(AQI)
(この季節は、値を見ると辛くなってくるので見ないほうがいいかも)





さて、大気汚染も酷いインドで暮らす比較的なんでも穏便に済ませたい人種の私が最近遭遇したインドっぽいプチ事件
→ということはバトルは繰り広げたりはせず、本当にプチです。大事件ではないです。かなりゆるめです。





その1、大根おろしから水が出ない事件

インドでも大根はあります。
大きさは日本のニンジンと大差ないくらいですが、私の中ではインドの野菜の中ではまだ食べられる部類。


その大根を使って大根おろしを作り、ツナおろしパスタを作ろうとしたときのこと。


大根の皮を剥き大根をおろし金でおろしたら、まるでおからのようなぼそぼそとしたものが出来ていました。
水分がなく、大根おろしをキュッとしても纏まらないくらい

一応つまんで一口食べてみたところ、ジューシーさはないのですが一応大根おろしの味がしないわけではない

もうおから状大根おろしに、めんつゆ混ぜて水分補充し、何とかツナおろしパスタは何とか完成した訳ですが…


この大根おろしを作る前が、バンコクでかった大根で作ったジューシーな大根おろし(水分が有り余っているやつ)だったので、事件にしてしまうほどの衝撃でした。

最近だいぶ乾燥してきたから大根の水分が少ないのは仕方ないし、あとは私の大根を選ぶ目がなかったと…。
寒くなってきたらもっとおいしい大根が出てくると思います





その2、うちにサルが出た事件

先日、私がポーチにある植木に水を上げようとしたときのこと。
ポーチに出ようとカーテンを開けたところ、目の前に大きめのアカゲザルが1匹のんびり歩いているではありませんか


ちなみにアカゲザルはデリー近郊に多くいるサルです。(参考:Wikipedia-アカゲザル)
先日デリーに行ったときも大移動していました

image


といっても、我が家の近所ではそこまで見かけなかったので、アパートメントの敷地内にいたのにはびっくり。
(以前住んでいたアパートメントでの猿出没記事:三つ巴)

猿はのんびり歩きながら通過するかと思ったら、窓を隔てて3mほどのところにドカッと座り休憩。
とりあえず、窓をたたいてみましたが、猿歩き出さず私なめられてる

一人でおろおろしていたら、猿は暫くしてから余裕で歩き出し去っていきました。

私、動揺しすぎで写メ撮れず、myダンナ様に「そういうのを撮らなきゃダメじゃん」と言われる始末



その後猿が再度出没することはなかったのですが、次の週、myダンナ様が出社するときに、アパートメントに大きな猿追い払い猿を連れた猿使いさんが来ているのを見たそうです。

でも本当にその後猿が出なくなってよかった


ちなみに猿を追い払うのは、ハヌマンラングールというアカゲザルより二回り位大きい立派な働くお猿さん。(参考:Wikipedia-ハヌマンラングール)
デリー、グルガオン近郊では、自転車やバイクの後ろに大人しく座りながら移動する大きな働くお猿さんを見かけることができますよ






その3、フレッシュライムソーダに虫事件


もうタイトルで嫌な予感

先日、友人マダム達と某レストランにてランチ食べたときのこと。

インドでは印洋中料理のどこに行ってもメジャーな飲み物フレッシュライムソーダ
要するにレモンスカッシュです。
先日ビールを飲みに行った時も私はフレッシュライムソーダを頼みました。(記事:モールでのどかに昼ビアタイム)

その日も大多数がフレッシュライムソーダを注文。
食事の前に飲み物が運ばれてきましたが、グラスの下の方にシロップがたまっている感じで、さらに何かレモンの種のようなものが底にあったのでかき混ぜたのです。


そのとき、炭酸の泡と一緒にふわっと浮いてきたのが、

何か薄茶の虫(あえて言いますが、そんなに小さくはない)


思わす「ウゲ」と仰け反る私と、「いやーこれ交換交換という周りのマダム達。


もちろんその後、交換してもらいましたが、


「他のも一緒に作っていたらどうするの?」
「いや、あれはシロップに飛び込んだところにソーダを注いだって感じ
「虫が入っているなんて、インドあるある~
私「Gじゃなかったよね?あの色、たぶんインドの黄色い蜂だよね?」
(プチパニックのためあまり見ていなかったけど、チャバネGではなかったです。黄色い蜂→ナンヨウチビアシナガバチ(Wikipedia)かこれに近いところのやつ。)
「Gじゃなかったよ絶対
「なぜあんな大きい虫に作ってる人が気付かなかったのか、意味分からないよね。」
「インドは照明が暗いから厨房も暗くて気が付かなかったんじゃない?」
「料理に虫が入っていても気が付かないように、照明が暗かったりして


と話しながら自分のフレッシュライムソーダ(交換は無し)を飲むマダム達と、

「私のドリンク、ミルク系だから、虫が入ってても分からないんだけど。」

という一人だけ白濁系飲み物を頼んだマダムIさん。


私が日本でかつてカフェでサンドイッチを頼んだらレタスに芋虫(小)がいた話をしたら、皆さん口をそろえて「そっちのほうが酷い」と言ってくれました。


結局その店で最後までご飯を食べたという、インドで一番短い人も3年越えの結構根性が座ったマダムがそろったランチ会だったのでした。
皆様、私のフレッシュライムソーダに虫がいたから気を使ってっくれたのかしら…ご迷惑おかけしてすみません


ちなみにその店、そんなに不味くはないし、虫がいたのもその1回きりなので、店名は非公開で



最近あったの本当にプチ事件簿をお伝えしましたああ、平和に生きたい。





にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     




このページのトップヘ