インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

タグ:犬

現在インドはロックダウンが2度延長され、5月17日までとなっています。
ただし、感染者数などにより地域をゾーン分けし、ゾーンにより措置が軽減されていたりします。

私が住むグルガオン(グルグラム)はオレンジゾーンとなり、ゾーン内の移動が許可されていますが、出来るだけ外に出たくないと考えてしまう私は小心者で石橋をちょっとたたいて結局渡らないタイプです


そして、ロックダウンで外出禁止が出て以来閉まっていた酒屋がオープンしたのですが、店はどこも大行列になってしまったそうで
更には酒税が速攻増税されるというとんでもない事態に。

インドの酒屋に長蛇の列 営業解禁、コロナ対策で増税も (朝日新聞デジタル)
デリー首都圏政府は5日、酒類の小売価格に70%の特別コロナ税を新たに課した。増税で行列に並ぶ市民を減らす狙いがある。


猶予という言葉はインドにはありません。
やることが毎回早いよインド


……ま、myダンナ様も早速増税済みのビールを入手してきましたが



外は30℃後半が普通に出ているし、身近なところで新型コロナウイルスの陽性者も出たので、あまり外に出たくないなーと思っている今日この頃。


Gurugram society sealed after couple tests COVID-19 positive, husband visited Azadpur Mandi (IndiaTVNews)


このアパートメントはゴルフコースロード沿いの日本人も多く住む地域にある高級アパートメントで、3月に本帰国した友人が住んでいたところ
アパートメントは検疫のため封鎖されているとのことです。
住んでいた日本人の方が日本に帰国していることをただただ願います



……という訳で、私は相変わらず家の窓からのんびり外を眺めています
(元来引きこもり体質なので、結構元気です)


外にはいつも通り、ヤギの放牧とおじさん
img

これを見たのが12時過ぎ……おじさん、絶対暑いよ


そして、歩いてるなーと思ったら、水たまりに一直線に来て水を飲んでいる牛
img

牛だって暑いから喉も乾くよね。
そして水の近くは湿っていて地面も涼しいからワンコは爆睡しています


そして私が待ち望んでいた花がようやく咲きました
img

ホウオウボク(グルモール)です。
それも家からそとを眺めているので、この木が一番近かったのですが、まだ若い木で小さめで花もちょっとだけ

約1kmほど先に満開のホウオウボクが大きな赤っぽいオレンジの塊となっているのですが、遠すぎて写真は断念しました


さて、コチラのホウオウボク、少し前の記事に書いたジャカランダと同じく世界三大花木のひとつ。
(ジャカランダの記事:外出禁止で窓の外のインドの自然をながめる)

インドでは「グルモール(グルモハル)」☞「孔雀の花(グル:花、モール:孔雀)」と呼ばれています。


もう一つのカエンボクも街路樹や庭木として植えられているので、もう少ししたら咲くのでは…ただし私は外出しないと見れないと思いますが



世界三大花木のこと☟
 



インドの残っている皆様も日本にいる皆様も、無理な外出はなさらずに、健康に過ごしましょうね





Twitterをチェック☟
     



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ




 

先日、友人達とピザを食べに、デリーのレオズ Leo's Pizzeriaに行きました。


以前はグルガオン寄りのギトーニーにあったのですが、そちらの店舗が閉店になり、Leo'sのピザファンとしては悲しく思っていたら、移転したとの情報をget

とはいえ、私が知っていたのは「デリーのバサントビハールのマーケット内」という情報


でも、既に行った方がいたので、バサントビハール Vasant Viharにあるバサントロックマーケット Basant Lok Market(マーケットの最初はVでなくBです) にあると教えて頂き、
さらに調べたところ、ちゃんとGoogleマップにも載っていたので、情報と地図を頼りに向かいました
(地図はこの記事最後にあります。)



マーケット内までは車が入れないので、横の道で車を降り、マーケット内に入り探していたら、やはり同じ時間に到着してお店を探していた友人達(皆別々に来ている)にちゃんと出会う

場所は、AXIS BANKの隣(銀行が角なので分かりやすいです。Googleマップが大体正解)
image


犬、爆睡していますが
image



犬を横目に、新Leo'sに到着
image
(マダム達、写っちゃいました)


店内も以前と同じく2階建て
image


お店も一面窓でお洒落(外の風景は置いておいて)
image


もちろん、今回も壁面にレオ君がいます
image


もちろん店内にはピザ窯
image

奥のケース(ちゃんと蓋がしまるよ)から具材を取り出し乗せている最中。


具材を乗せたら、ピザ窯へin
image

スゴイと見に行ったら、お兄さんに「こっち側へおいで」と、窯に入れるところを見せてもらいました
image

左に薪、右にピザを入れ、調整しつつ焼いているそうです。


そして、出来ました

まず、グラナ・デ・ルッコラ
image

モッツアレラとトマトソースのピザを焼いた上にルッコラとグラナ・パダーノ(粉のチーズ)をわっさとトッピング。
ルッコラ山盛りで美味しい



いつもベジなのでたまにはノンベジを頼もうと、ポロPollo
image

トマトソースベースに、モッツアレラとチキン(Pollo:チキンだそうです)。
チョイ辛が美味しい


Leo'sということで、ベースのナポリ風ピザ生地が美味しいから、どれを頼んでも間違いなしです



食べている間では話は尽きず、コーヒータイムのカプチーノ
image

ブラウンシュガーの入った入れ物は、このカップ&ソーサーとセット。
可愛くて気になってしまいました


お店は夕方休憩があるので、その前にマダムMさんは、お土産のピザを注文
image

イケメンのご主人様がほうれん草好きということで、スピナッチ&ガーリック。
チェリートマトが可愛い仕上がり
ニンニクの香りが食欲をそそります。

今度はこれも食べてみたい
マダムMさん、美味しかったか教えてくださいね(聞いてなかったな)


新店舗になっても大満足のLeo's、また行っちゃおう




Leo's Pizzeria
28, Basant Lok Market, Vasant Vihar, New Delhi








Twitterをチェック☟
     



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



※今回は虫の話です。画像もあるので、虫嫌いな方はご注意を。



インドにいると、外でも部屋でも、日本よりも変な虫に出会う確率が確実に高くなります

日本だと野山にいて、その感染症で死者も出ているマダニが、普通にそこら辺にいます
(一瞬都会に見えるグルガオンも、その点ではほぼ野山ということですね。)

マダニ感染症、増加傾向 発生地域拡大の懸念も  (日本経済新聞) 

ワンズがいたころは、散歩が終わったワンズのマダニチェックに日々勤しんでいました
私も刺されたし(腹にマダニがくっついていたという)



そういえば、最近よく見かけるニルガイ(with泥だらけのワンコ)
image


その後、角をつきあって遊んでいました。(with 見守る犬)
image


こんなのがその辺にいるのですから、当たり前っちゃあ当たり前なのですけどね





---*---*---*---*---*---*---*---*---*---

ここからは虫の画像があります。








そして、今回はマダニではないのですが、我が家のリビングのカーペットを歩いている、変な虫newを発見したのです
image


大きさは1cmほど。
前に住んでいた家でも見た記憶はある虫でした。


一応、Google先生に、

「赤 黒 ありみたいな 長い虫」

と入力し、期待はせずに検索ボタンぽち☞


これじゃ見つからないだろうと思ったのですが、一発でヒット!

それが、日本にいる「アオバアリガタハネカクシ」

……正にこの虫じゃん


ここはインドなので、正確な種類までは分かりませんが、この形状から見て仲間の「アリガタハネカクシ」の類であることは確実。



そして、コイツがなんと、日本だと、やけど虫と呼ばれるヤバいヤツだったのです。


Wikipedia先生によると、アオバアリガタハネカクシの属するところのアリガタハネカクシ Paederus(英語)

この虫は、この虫の名前(Paederus)にもなっているペデリン(
Pederin
)
という名の毒を持っています。
(Wikipedia:ペデリン)

アリガタハネカクシは噛んだり刺したりしませんが、この虫を触ってしまい、うっかりその体液に接触すると、それに含まれる毒ペデリンによって皮膚炎を起こすのだそうです


夏は「やけど虫」に注意 アリ似、触ると水ぶくれ  (NIKKEI STYLE)

やけどをしたときのように発疹や水ぶくれが起こるのは、この虫の体液に「ペデリン」という有毒物質が含まれているためだ。成虫だけでなく卵、幼虫、さなぎもこの物質を体内に持っている。


今まで、インドでも何度か見た記憶があり、この虫をその後どうやって駆除したのか全く記憶がないのですが、超危険な虫じゃん
(脳内で「ヤバいやつやん!」と宮川大輔さんで再生されました。)


前回、ヤモリは近くにあった野菜のビニール袋で確保しましたが、今回は近くにあったIrohaのアンパンの入っていたビニール袋で、触らずに捕獲
Irohaさんのおかげで安全に捕獲できました 
(ヤモリ捕獲の記事:ヤモリ、遂に確保)



捕獲した虫は、正体を知ってしまうと急に怖くなり、コ◯さずに、屋外にて開放してきました

私は案外生き物(虫を含む)は平気に太刀打ちできる方なのですが、これからは他の虫も注意深くビニールで捕獲して、触らずに遠くに開放することにします


皆様も、この虫を見つけたときには、お気を付けください。
(見つけたときは上記のリンク記事先にある対処法が参考になりますよ。)


※ この後、もう1匹現れました。結構沢山いるのかも




「ヤバいやつやん!」といえば、最近こんなニュースがありました


コウモリ媒介のニパウイルス、死者13人に インド南西部 (AFP bbcom)

インド南西部で、オオコウモリが媒介する致死性の高いニパ(Nipah)ウイルスに感染した患者が新たに1人死亡し、犠牲者数は計13人になった。


野生動物はいろいろなウィルスを持っていますが、これはちょっと不安
コウモリは飛ぶから自由に移動できるし
なんとか感染がこれ以上広がらないといいのですが


インドには予想もつかない危機がいっぱいです




にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る
        






このページのトップヘ