インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

タグ:大葉

ただ今、酷暑の前の季節の変わり目の嵐で強風が吹き荒れているグルガオン(グルグラム)。
時々稲妻の白い光が走っています

そんなインドは3月25日から21日間のロックダウンだったのが2度目の再延長が発表され、今度は5月17日までとなりました。


インド全土封鎖、2週間の再延長 5月17日まで (日本経済新聞)
3月25日に始めた都市封鎖は5月17日までの延べ54日間となる。


インド全土封鎖2度目延長、規制3段階の分けて実施 (日刊スポーツ)
首都ニューデリーや西部ムンバイなど都市部が中心のレッドゾーンでは、三輪タクシー「オートリキシャ」や理髪店の営業禁止が続けられるが、北東部や中部など地方に広がるグリーンゾーンでは認められる。ただ、グリーンゾーンでもショッピングモールや映画館の営業禁止は続いている。
一方、近所への買い出し以外、原則禁止だった外出制限が緩和され、民間企業の事務所はレッドゾーンでも社員の3分の1まで出勤可能になる。

私の住むグルガオン(グルグラム)は比較的感染者の増加が緩やかなのでオレンジゾーンとなっています。
しかし私の住むアパートメントの外出制限が厳しく、今後どこまで外出が自由にできるのかはまだ不安が残るところです。



元気をだして、本当はロックダウンが終わる予定だった40日を振り返ってみたいと思います。
前回の続きの4月24日から

前回





4月24日(31日目)

もやしを作っている途中に腐らせる常連だったので、今回は水を気付いたら変えるようにしています。
無事3-4日ほどでこのタッパー一杯のもやしがgetできますよ



4月25日(32日目)

ちょっと具合が悪いと「もしかして…」と思ってしまう今日この頃です。
(ただの頭痛でした)



4月26日(33日目)

体温記録アプリを調べると沢山あることにビックリ。
myダンナ様が「体温測れ」と煩いので、毎日測って記録しています。




4月27日(34日目)

大切な大葉の植木鉢が……

その後ダメな葉っぱを摘み取ったら、一番被害が大きかった植木鉢がほぼ丸裸に…早く復活してくれることを願っています。(というか、私が世話します)



4月28日(35日目)

Kajari Melonと呼ばれるマスクメロンの仲間で、見た目から「カボチャメロン」と呼んでいるこのメロン
IMG

いい匂いがしたので切ってみたら、まだ甘みがイマイチでした。

…という訳で、無事にヨーグルト、牛乳、砂糖とミックスされてラッシーとなりました



4月29日(36日目)

家の中で運動不足にならないように、足踏みジョギングやウォーキング、ストレッチなどをこなしています。
普通のときよりも運動量が多い気がしています。

インドだけでなく、日本でも家からあまり出れない生活を余儀なくされている方も多いと思いますが、出来るだけ体をうごかし、運動不足を解消するように心がけましょう



4月30日(37日目)

遂にインドも酷暑の季節到来
毎日最高気温が30℃台後半となっています。
でも家にいて、クーラーをかけているので問題なし



5月1日(38日目)

現在インドにいる方で緊急便で帰ると手を挙げた方が予想以上に多かったのか、友人ご夫婦はキャンセル待ちになってしまったそうです。
キャンセル待ちがかなりいるので、この感じだと緊急便がもう一度出るのでは…と思ったのですが、そのときにはロックダウンが終わって仕事が普通に始まり、今度は仕事で帰れなくなってしまうのではないかという不安が……

………希望を捨てず頑張ろう



5月2日(39日目)

3月に本帰国してしまった友人Uさんから受け継いだアロエのプランターに生えていたハカラメの葉が嵐で傷んで遂に落ちてしまいました。

しかし、葉っぱになったときがハカラメの本領発揮
本当に葉っぱから芽が生えてくるのか?!
今後もハカラメの様子をチェックしていきますよ

    ハカラメ→Wikipedia/セイロンベンケイ
    土の中に埋めたり水がある皿につけると葉から芽が出る無性生殖の性質を持つ植物である。



5月3日(40日目)

葉っがかなり無くなってしまった大葉の茎から新芽が……さすがシソ科の生命力
これからは酷暑で成長も滞りがちになりますが、頑張って育てていこうと思います。
枯らさないようにしなくちゃ



ロックダウンは2週間延長となりましたが、もう少し頑張ってみたいと思います。
皆様も窮屈な生活を送っているかと思いますが、頑張りましょう





Twitterをチェック☟
     



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ






 

今日は2月29日
4年に一度なので、出かける前の時間にイレギュラー更新です



朝晩はまだ冷える日も多いのに、昼間は暖かくを通り越して暑くなったり、そして急に雷雨が来たり……とインドは季節の変わり目、すっかり春の陽気になってきました。


暫く植木鉢のミントの水やりを任せていたら、放置していた大葉の植木鉢から勝手に大葉の芽が出ていました


早い
発見してからは毎日植木鉢チェックをしています



でも実は、一番元気なのは、(サーバント君が)水をあげてるだけのミント
IMG

最近の陽気で、鮮やかな色合いで柔らかそうで爽やかな香りの葉が一気に伸びてきました。

…何年か前にブチブチもらってきたミントの小枝がこんなに大きくなるなんて。
やはりミントはインドの気候に合っているのね




植木だけではなく、うちから見える荒野も新芽が多くなってきたのか、ヤギがムシャムシャ
image



少し横に何か大きい物がいると思ったら、野生のニルガイもムシャムシャ
IMG

ワンコがトコトコ歩いてきて、休んでいたニルガイと数秒にらみ合って、また去っていきました



ニルガイの話





春の息吹はそれだけではありません。

車からそとを眺めていたら、街に生えているキワタの木に花が咲いていました
FullSizeRender

この花を見ると、インドにも春が来たねと感じます。


花の形状はモクレンのような感じで、オレンジ~赤の花が咲きます。

花が終わり、酷暑の頃になると綿状の種がモコモコできるので、「キワタ」(英語でもコットンツリー)という名前が付いています。

キワタの綿☞HitoMiの浴衣受注会に行く♪


街路樹や庭木でよく見かけるので、ちょっと窓の外を見てみてくださいね



そして春といえばコレ
FullSizeRender

ブドウが美味しい季節なのです
 
こちらはサルタナ(トンプソン・シードレス)で、インドのよく干しブドウに使われているブドウ。

買ってきたら、まずは暫く水に浸けて周りのゴミや農薬などを取る作業から。


そして皮のままがぶりといっちゃいます

果物の皮を剥くのが面倒くさい私にとっては、なんとありがたい果物


コチラのブドウは、買ってきても比較的味のハズレが少ないのですが、これから暑くなってくると八百屋に置いてあるだけで自然発酵する可能性を秘めていて食べた瞬間ビックリするのでお気をつけください



インドで春の息吹を感じるときでした






Twitterをチェック☟
     



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ







私の住む北インドの「春の風物詩」といえば、キワタの花。

オレンジから赤い色の少し厚めの花びらを持つ花が大きな木にボコボコと咲かすので、季節とその姿から私は「インドのモクレン」と呼んでいます。


車で通ったらあった大きなキワタの木
image

インドではこの花を見ると「春の訪れ」を感じます。
そして、これが一番暑い季節にもっこもこの綿が付いた実に……「キワタ」の名前の由来
(キワタの実の様子→HitoMiの浴衣受注会に行く♪)


春の訪れはそれだけではありません。

我が家のベランダ菜園ですが、枯れて放置されていた植木鉢から今年も再び勝手に芽が出てきました
(正確にはこぼれ種)
image


よく見ると小さな芽も出ています
image

友人から植木鉢を引き継いだのがもう4-5年くらい前のこと。
この芽が出ると、私の中ではこれも「春の訪れ」



去年は育ちすぎて、友人に「観葉植物かと思った」と言われた我が家の大葉。
今年もちゃんと育ってください
(去年の秋に種を沢山収穫したので種が欲しい方は連絡ください)



ベランダですくすく育つ芽を愛でていたところ、ベランダから見える荒野には久々にニルガイがいました
image

ついでにクジャクも。
(木陰に隠れていないニルガイ:謎の動物発見 from我が家)
 

気温が真冬より少しだけ上がり、荒野の草や木にも新芽がでたから、ニルガイも現れたのかな?




ニルガイといえば…

先日友人の娘ちゃんが「幼稚園でニラと言っていたので、一瞬「レバニラ炒めのニラ?」と思ったのですが、実は「青組」さんだと盛り上がりました。

ニラ

ニルガイ(Wikipedia:ニルガイ)は、ヒンディで青牛(ニラ:青、ガイ:牛)なのです。



グルガオンのアパートメントから荒野が見える方は、窓の外をチェックしてみてくださいね。
たまにニルガイがいますよ





にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     




このページのトップヘ