インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

タグ:レウリー

今日(2020年1月13日)は、ローリー Lohri
北インドで行われる、五穀豊穣&子孫繁栄を祈願するお祭り。
これが終わると冬も終わるという、日本でいう節分なのです。


季節の変わり目ということなのか、今日は珍しくが降るかもしれないという予報が…
IMG




火を燃やすお祭りなので、スタートは日が暮れてから。

雨が降らないことを祈りつつ、アパートメントの特設会場へ…


もうすでに食べ物ブースはセッティングされていたので、まずはチャイで一服
IMG

この画像でも何となくわかると思いますが、少し前に雨がパラっと来ていました。


一応ボンファイアの準備は出来ていたので、とりあえず着火
FullSizeRender


小雨が時々パラパラ来るので、火が付かないのを皆で見守る
FullSizeRender


消えそうになったので、食用油投入、漸く燃えてきました
FullSizeRender


…燃える前にみんなお菓子を投げちゃってます


ポップコーン、レウリー、落花生
FullSizeRender


レウリーはインドの冬のお菓子。
ショウガ風味のカルメ焼きでゴマを固めた感じの飴菓子です。





これを頂いて
FullSizeRender


近くにいたインド人マダムに

「火に投げ入れるのよハッピーローリー

とのお言葉を頂き、私も火に投げ入れてきました。

気分は節分で、とりあえず「福は内」を祈ってきました



でも途中で、少し大粒の雨がぼつぼつっと来たので、インドのお祭りではおなじみのDJブースが大パニックを起こしていましたが
FullSizeRender

濡れたら感電しそう


その後雨が止んだので、無事にインド人の方々のダンスが始まったのでした



皆様、ハッピーローリー
良い春を迎えましょう






Twitterをチェック☟
     



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ




インドは2月に入り、いきなり暖かくなり昼間はジャケットを着なくても良くなってしまいました。
ですが、今回は冬のお菓子です。

インドのお菓子は、手を出して「あぁーーーー。。。。。。」ということが多いのですが(この言葉のニュアンス、お分かりいただけただろうか)、この冬にときどき食べていたのが冬のお菓子レウリー(レヴリー Rewri)です。

image


これはグルレウリー(Gur Rewri)。
ジャグリー(Jaggery, Gur : 精製があまりされていない砂糖。黒砂糖みたいなもの。参考:茶色いヨーグルト「ミシュティドイ」)で作った小さいコイン状のカルメ焼きっぽい歯ごたえの飴にゴマをまぶしたものです。

白いお砂糖で作った白っぽいレウリーもあります。


軽くサクサクっとした飴にゴマの香ばしさがあいまって、甘いのですが余りくどくないので、結構ポリポリといけてしまいます。
これならインドのお菓子は甘すぎる!という方も食べられそうです

ちなみに写真のものはちょっとバラっぽい香りがしたのでローズウォーターが使ってあるのかも?
生姜が強いものやスパイス(カルダモンなど)が強いものなど、メーカーによって少しずつ違います。


レウリーといいチッキといい、冬は飴系お菓子が多い印象……確かに夏だと溶けそうなので冬に食べるほうがいいのかも
冬のお菓子とはいえ、今は夏でもスーパーなどで売っているので、是非お試しくださいね。


 
こんな冬のお菓子の話をしましたが、家の前の花壇にハナビシソウの1輪目の花が咲いていました。

image
 
インド、春に暖かくなるのは早いです





Twitterをチェック☟
     



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ



このページのトップヘ