インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

タグ:リス

小ネタ。
インドの主要道から500m以内で酒販売禁止がNHKニュースになっていました

インドで飲酒運転撲滅へ酒販売規制 経済には影響も (NHKニュース)
  

日本に帰ってしまった元インド駐妻達に報告をしたところ、

「かなりキツイ」「酒屋だけじゃないんだ…」

とのお言葉をいただきました

そして産経ニュースではサイバーハブが

主要道から500メートル内で酒販売禁止、インドで飲酒運転事故多発に対応 業界からは不満噴出(産経ニュース)
日本人が多く住む州内グルガオンにある商業施設「サイバーハブ」の飲食店従業員は「客は9割減だ」と弱り顔で話した。
サイバーハブCyber Hubに行ったのですが、お酒系レストラン&バーの店舗からは悲壮な雰囲気が

インドのニュースによると、MGロードやゴルフコースロードは対象になっていないようで、そちらのモールなどに移転も考えているのだとか。
サイバーハブ、あんなにきれいに作ったのに…可哀そうすぎる
(綺麗なサイバーハブ参考:サイバーハブの記事)




さて、階段井戸チャンドバオリに行って(記事:念願のチャンドバオリに行く)、次に向かったのが、ジャイプールから北東に50㎞くらいいったところにあるバーンガルフォート(Bhangarh Fort भानगढ़ दुर्ग)。

城塞を中心とする廃墟の町です。


実はここ、インドで最も呪われた場所と呼ばれているそうで、一緒に行ったNさんはインドの方に「え?!バーンガルフォートに行くなんて、呪われるよと言われたらしい



16世紀に作られたのですが18世紀には廃墟に。
その理由が、もともとこの地に住んでいたサドゥーに背いた呪いとか、王女に恋をした黒魔術師の呪いとか言われています。
そして今では呪われた地として知られることとなり、日没から日の出までの間、この地に入ることは禁止されているそうです。

そうか、こんなところに行くつもりだったから、チャンドバオリの駐車場の看板の手が呪われているように見えたのね


もちろんバーンガルフォートには呪われないように昼間に行ってきました



まずはフォートの手前の街部分

image01

上部がなくなった石を積んだ街の跡がずっと並んでいます。


見ての通り、荒れ野の山に廃墟が続くような場所なので、遺跡といえど動物天国。


リス

image02-3



ヤギ

image02-4

廃墟の上をぴょんぴょん走っていました。
ここに入った直後、ヤギの落とし物っぽいものがたくさん落ちているな…と思ったのですが、やはりいました


家畜のヤギがいるということは、もちろん牛も

image02-1

牛は観光客がぞろぞろ通る道に堂々と午後の休憩中。


そして猿も

image02-2

山に廃墟に、猿が自由奔放に暴れ放題です。



そんな動物達を見ながら廃墟の街をずっと進むと……

image03


立派な門が登場

image04

猿も一緒に移動しています


門の中には、城塞が(クリックすると大きな画像が↓)

image-p1

山の斜面に建つ城塞、なかなか立派。


折角なので城塞に上ってみました(クリックすると大きな画像が↓)

image-p2

見晴らしがすごくいい(でも霞んでいますが。)


眼下はまさしく廃墟

image06

崩れた石はそのままになっているし、通り道はありますが転びそうです。
折角だからもう少し整備すればいいのに

でもこんなところに登れてしまって柵もないところがインドです



城塞の前は芝生の広場になっていて、インド人がのんびりピクニック……

image08

と思いきや、真ん中で食事をする女性と子供の周りに男性が立ち、猿に狙われないように警戒中
ちょっとでも油断すると猿にお弁当をかっさらわれます。
(そんなところでもお弁当を食べようとする、それがインド人)


猿と人間の攻防を横目に、ワンコはのんびりお昼寝中でした

image07

平和~まったく呪われてる感はないです


この後、帰り道で何かあったら呪われたということで……と思ったら何もなかったので、多分呪われなかったということにしておきます。
(※ 私は霊感0。)

今回の画像のなかで何か写ってはいけないものが写っているようなものがありましたらご一報を



こちらは、霊を感じる人も多いようで、生きている人間に与える悪影響が強い為、政府は法律で日の入りから日の出までの立ち入りを禁止していますが、夜に入ったら街灯もなく真っ暗なので確実に転んで怪我します。
夜間立入禁止にして正解




Bhangarh Fort
 Alwar, Rajasthan


 


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る
        


インドで生活していると、日本より生き物が多くて驚きます。
もちろん、犬や牛や豚や羊やロバや牛は道に歩いていて、猿は屋根の上にいますが。

先日も車が交差点でもないところで停止したと思ったら、おもいっきりコヤツが道を横切っていました

image

この牛以外にも後ろに牛がもう2頭(1頭はかすかに見えます)と豚1匹います。

ちゃんと整備された(ように見える)街に牛や豚が徘徊する。
この光景はグルガオンあるあるです


私の住んでいるグルガオン(グルグラム)にある大規模アパートメント(日本でいうところのマンション。大型の集合住宅。)は、一帯が塀で囲まれていて動物が勝手に入ってこないようになっていますが、それでもその塀を越えて入ってくる生き物はいます。


……問題なのは猿。
野生のアカゲザルがアパートメント内に出没した場合は、大きな追い払う猿が呼ばれます。
(猿の記事:インドのスーパームーン、そして猿と猿の攻防)



さて今回は、勝手に入ってきても問題ではない(仕方ない)鳥。
見かけることは多いのですが、ずっと撮れず、先日ようやく激写できた鳥をご紹介。

この尾が長い黒と茶色と白のコントラストがきれいな鳥です

image

チャイロオナガ。

実はこの子はカラスの仲間なのだそうです。
胴体部分の大きさはインドの土鳩より一回り小さいくらいですが、尾の長さで結構目を引く鳥です。


ちなみにこのときチャイロオナガと一緒に10匹近くついて回っていたのがシリアカヒヨドリ。(赤矢印)
頭は黒で後ろ髪を立てたファンキーな髪型ですが、お尻が真っ赤なのが可愛くて、私のお気に入り。
(尻が赤いのがわかる記事:近くにいる鳥たち)


こちらの画像の左に写るのが、目つきの悪いヤブチメドリ
インドで一番うるさい鳥と私の中で位置づけられいます。

image


そのうるさいヤブチメドリの群れともシリアカちゃんは一緒にいました。(赤矢印)
色々な種類の鳥が一緒にいると平和な気分になります



そして、この鳥達と同じくらいアパートメントに沢山いるのがリス。

インドヤシリスという名前なのかな?イツスジなのかミスジなのか分からず。
(正確な名前をぜひ教えてください。)

image
 


これ、私がすっごい警戒されています
すっごい警戒声出されてます
(以前の記事:リス「危険!警戒せよ!」)



以前撮った動画はどこにリスがいるのかわからないものだったので、あきらかに私に対して警戒声を出すリスの動画を撮ってみました。

リスの警戒声 alarm call of squirrel 




そうです。
インドでこの声を聴いたら、鳥ではなくリスなのです。

今度近くでこの声を聴いたら、リスを探してみてくださいね。
おそらく貴方が警戒されていますよ





読み終わったらぽちっとお願いします
       →にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

ぼやき気味です→

インドはリスが多いです。

グルガオンでも木のあるところにリスはいるというくらい頻繁に見かけます。

もちろん、普通の住宅街にある我が家の周りにも沢山います。
今日ワンズのお散歩に行ったら、頭上の木のあたりからピーピー泣き声が……鳥かと思って見上げてみたらリスでした。


リスの警戒声 alarm call of squirrel 



実は枝分かれしているあたりにいたのですが、動画だとどこかわからないです動画の意味なし。
(過去のブログより、姿はこんな感じの子です。写真一枚目→ハウスカス・ヴィレッジ Hauz Khas Village)


今までシマリス~としか意識してなかったのですが、名前をちゃんと調べてみました

Northern palm squirrel、Five-striped palm squirrel (Funambulus pennantii)、日本語だと、キタシマヤシリス、イツスジヤシリスと呼ばれる種類で、インド、ネパール、バングラデシュ、パキスタン、イランで見られるそうです。
デリーとコルカタでは都市部でもよく見られるとのこと(wiki:Northern palm squirrel(en))……本当に沢山います。
うじゃうじゃいます。

さらにこのウィキペディアによると、この声はalarm call 警戒声だったようで、もしかしたら私とワンズを警戒し、「危険へんな小さい奴らが来る警戒せよ」と仲間で呼び合っていたのかも


そんなへんな小さい奴ら
画像1

寒そうにしていますが、元気です 



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る
        


このページのトップヘ