インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

タグ:ケサール

先日、八百屋に行ったら私のお気に入りのマンゴーのひとつであるケサールマンゴー Kesar mangoが美味しそうに並んでいたので買ってきました


アルフォンソマンゴーとだいたい同じ時期に出回るケサールマンゴー。

アルフォンソマンゴーが「マンゴーの王様」、そしてケサールマンゴーは「マンゴーの女王」と呼ばれています


ケサールマンゴーは、アルフォンソより少し大きくて長め。
皮の色は山吹色です
IMG


ケサールは1個350-400弱g程度、現在のお値段はだいたいRs.50 (約80円)/1個でした。



中の身はアルフォンソより少し薄いオレンジ色
IMG

切ると周りに広がるマンゴーの香りに花の香りを少し混ぜたような独特な香りはケサール特有です


大きさや柔らかさ的に、スプーンくりぬき方法で簡単に剥けます。
(スプーンでくりぬく剥き方:アルフォンソマンゴーを剥く)



ダイスに切って、さあ、召し上がれ
IMG


マンゴーの中でも比較的味が濃い目、甘さ強めの中にオレンジのようなさわやかな酸味を感じで美味しい
上品なのに南国フルーツらしい味、私はケサールが大好き
このお値段で、いいパフォーマンスしてます



さて、これを食べたmyダンナ様曰く

「甘い!美味しい!

………でも不思議な香りがする。

…………これ、アルフォンソじゃないでしょ?」


バレた


色も味も濃い目だからアルフォンソと間違えるかな?と思ったら、アルフォンソじゃないと見破られました

数年前、私がインドに来る前の2ヶ月ほど、毎日マンゴーを買って食べていただけある!
myダンナ様をアルフォンソマンゴーマイスターと名付けます


アルフォンソよりお値段が安めで、味はマンゴーの中でも濃いめのケサールマンゴー、ぜひ味わってみてくださいね。
お値段と味の総合評価で、私イチオシです。

 

※もうそろそろ、アルフォンソもケサールもシーズン終了。インドで食べたいと思っている方はお早めにお召し上がりください




デリーNCRあたりでよく見かけるマンゴーについてはこちらから





にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     







マンゴーが大好きな我が家
最近、マンゴーについてブログで書いていなかったのですが、今年もマンゴーの季節が始まってから、ほぼ1日1マンゴーというインドならではの贅沢をしています。

家にももちろんマンゴーのストックが

image

真ん中のバナナ以外全部マンゴー

なぜこんなにあるかというと、マンゴーは店頭にあるのはまだ食べ頃ではないものも多く家でしばらく放置して追熟させる為、そして夕食のデザートにマンゴーが出ないとmyダンナ様が「マンゴーないの?もう季節が終わっちゃう」と煩いからなのです

マンゴーは果実の匂いを嗅いで(特にヘタの部分)、マンゴーの甘い芳香がしたら食べ頃です。
(来たばかりのころ、果物売り場のお兄さんに教えてもらいました。)



さて、そんなマンゴーの産地であるインドに住むからできる贅沢な食べ方をご紹介

……といっても、料理がめっきりダメな私は手の込んだことはしません(断言)のでご安心を。

まずは2種類のマンゴーを用意します。

image

これは今ちょうど流通量が多く値段も比較的安いサフェダマンゴー Safeda(左)とケサールマンゴー Kesar(右)。
(最近私が見た八百屋やスーパー数軒でのお値段はどちらもRs40-80/kg程度。)


切ってみるとこんな感じ

image

サフェダはヒンディ語で「」、ケサールは「サフラン」。
その名の通り、サフェダはマンゴーにしては薄い色合いの果肉、そしてケサールはスパイスに使うサフランのような濃いオレンジ色です(サフラン参照:S&B食品「サフラン」)。


もうお分かりですね。
これを切って同じ器に盛りつけるのです

image

ツートンカラーのマンゴー贅沢2種盛りの出来上がり
切って盛っただけですが、2色だと普通に盛るより豪華に見える(気がする)
2種類の味の違いも分ったりします。

 
ちなみに今の時期この辺でよく見かけるマンゴーで思いつくものでは、


果肉の色が薄い系
サフェダ(今回のです。癖がなく食べやすい。)
ハマム(美味しいけど少しお高い。)

中間位の色合い
シンドゥーラ(香りがうるし強め。)
チョウサ(これからが旬、我が家で人気の南国らしい味がするマンゴー。)
ラングラー(うるし臭いマンゴー。でもそれはそれで好き。)

オレンジ色濃い系
アルフォンソ(マンゴーの王様。)
ケサール(今回のその2。実はこちらが「マンゴーの女王」。私は大好き。)
ダシェリ(インド人が好きだというのをよく聞く、果肉の見た目も味も食感もよく熟した。)


という感じでしょうか。(過去のマンゴー記事参照:カテゴリー:マンゴー)


ただし、一つだけ注意点が。
同じくらい甘いマンゴーを使わないと、片方だけ酸っぱいということに……切る前に臭いチェック、そして切った後、盛り付ける前に味見をお忘れなく



余談:上のマンゴーの上に乗っている緑の葉っぱは、先日の熱波でかれっかれになってから復活した我が家の不死身のミントです


インドはミントも多用する国なので、皆様のお宅にも一鉢いかがですか?
不死身で育てやすいですよ
(ちなみにこれは去年もらったミントの小枝を挿し木したものです驚異的な成長力。)


マンゴーもミントも是非お試しくださいね



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る
        



小ネタ。
運転が超荒いインド人もどうやら安全を気にしているらしいです。

エアバッグ車、トヨタのインド販売押し上げ-安全意識高まる - Bloomberg 

インドの自動車が世界全体に占める割合は1%にすぎないが、同国の交通事故による死者数は全体の15%に上る。

なぜこんなに交通事故死者が多いのか…インドに一度来て見れば分かります。

この間は、お出かけした1時間程度の間に逆走車3台とがっつり出会って本当にどきどきしてしまいました。

また、先日、感染症にかかってる長男を病院に連れて行く最中におかまを掘られました
混雑している道路で、スピードが出てはおらず、信号でゆっくり止まったところで後ろからゴツンと
100%うちの車は悪くないハズですが、ドライバーは後ろをチェックしてから、運転手に一言二言言って終わり。
確かにうちの車には前にも後ろにもバンパーバー(というのかな)が付いていて、今回の衝突では車自体には被害はない程度、おそらく後ろからおかまを掘ったセダンの方はバンパーが少し傷んでいるかもとは思いましたが……良いのかそれで(インドではそんな感じ。)

安全意識が高まるなら、まずは交通ルールを遵守してほしい私なのでした。





さて、今年のお気に入りだったハマムマンゴーが終わってしまいましたが、今は中間の時期と遅い時期のマンゴーが出回る季節なので色々な味が楽しめて楽しい時期です
その中でも半分はケサールマンゴー Kesar mangoを食べてしまいます。
(過去のケサールマンゴーの記事はこちら)


image

大きめで400g以上、ケサールの今の価格は大体Rs.100/kg(約195円)程度です。


周りは緑っぽい黄色ですが中身はオレンジ

image

香りがマンゴーのあの香りとは少し違う独特な上品な香り。
味は、みずみずしく甘みが強いですがわずかに酸味もあり、香りと相まって美味しい

アルフォンソが「マンゴーの王様」なら、こちらは「マンゴーの女王」の名に違わぬマンゴー
癖がなく食べやすいのでお勧めですよ

日本が輸入できるインドマンゴーの品種にも入っているので、もし日本で見つけたときは是非お試しください




そして、おかまを掘られたときに乗っていた長男はやっとご飯も完食するようになりました。
ただ今、帰りの遅いmyダンナ様を待っているところ

image

寝ちゃいましたが




ぽちっとお願いします→にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

ぼやき気味です→





このページのトップヘ