インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

タグ:グルモハル

遂に日本の時代は平成から令和へ。
日本は盛り上がっていますね


さて、新しい時代の幕開けということで、華やかに綺麗なインドの花の話題をひとつ

インドでは今年も世界三大花木のひとつ、ホウオウボク(鳳凰木)が咲き始めています
FullSizeRender
(これは若くて小さい木ですが大木になります。)

インドのこの辺りでは、庭木や街路樹などで結構見かける花木。

小さいオジギソウのような葉っぱの木に、鮮やかなオレンジ色〜朱色の蘭を思わせるような形の花がたくさん咲いて、遠くから見ると霞がっている感じが綺麗
(花拡大:40度越えの花々 + 種)


この木は日本では「鳳凰の木」ですが、インドでは「グルモール(グルモハル)」、これは「孔雀の花(グル:花、モール:孔雀)」なのです。




ちなみに世界三大花は、このホウオウボクと、

紫の花が美しいジャカランダ☟(オレンジやピンクもあるらしい)と



 
バナナのような蕾から、オレンジから赤の肉厚の花が咲くカエンボク(火炎木)です。
(去年のカエンボク:真夏の花が咲く季節)



※追記(5/2) :カエンボクが咲いてました☟



全てデリーNCR近郊で見ることができますの



日本で令和は迎えられませんでしたが、綺麗な花で新時代を祝おう



​​Happy New Era🇯🇵 






にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     






5月になり、遂に、毎日40℃越えの季節になりました。

そんな暑い中で、最近、よく見かけるのがグルモール(グルモハル) Gulmohar  गुलमोहर、ホウオウボク(鳳凰木)です。
ヒンディー語では、「グル」が「花」で「モール」が「クジャク」の意味、またベンガル語では、Krishnachura 「クリシュナの冠」というのだそうです。(Wikipedia:Delonix regia)

お散歩中のグルモール
画像1

木に赤に近いオレンジの鮮やかの花が咲いています。

花を頑張って撮ってみました。
画像1

高いところに咲いているのでこれが限界でした。
花の大きさは直径10cm位で沢山咲いているので華や。
グルモールは世界三大花木のひとつだそうで、華やかな訳です。


そして最近はフワフワした種も沢山舞っています。
アルストニア スコラリス (Alstonia scholaris)の種の中身でした。
画像1

花粉に弱い方が見たらくしゃみが出そうなほどそこら中に舞っていて、お散歩に行くと必ずといっていいくらいワンズが身体に付けて拾ってきます。 


斑入りのハイビスカスの花が咲いていました。
画像1

これぞ夏です。


ブーゲンビリアも一度散っても二度目三度目と繰り返し花が咲いています。
画像1

綺麗に見えますが、実は花も葉も砂だらけです。
高温の上に乾燥しているので、そこら中が舞い上がった砂だらけになっています。


気温は高くて確かに暑いのですが、湿度がとても低いので日陰ではなんとか生きていけそうな感じです。
でもワンズは日中は常に床でクールダウン中です。
画像1



更に、私がベランダで育てている朝顔なのですが、あっという間に花が咲きました。
暑いので、朝の短い間しか咲いていませんが、私の心のオアシスです。
画像1
 




にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る
        




このページのトップヘ