インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

タグ:アルフォンソ

先日、八百屋に行ったら私のお気に入りのマンゴーのひとつであるケサールマンゴー Kesar mangoが美味しそうに並んでいたので買ってきました


アルフォンソマンゴーとだいたい同じ時期に出回るケサールマンゴー。

アルフォンソマンゴーが「マンゴーの王様」、そしてケサールマンゴーは「マンゴーの女王」と呼ばれています


ケサールマンゴーは、アルフォンソより少し大きくて長め。
皮の色は山吹色です
IMG


ケサールは1個350-400弱g程度、現在のお値段はだいたいRs.50 (約80円)/1個でした。



中の身はアルフォンソより少し薄いオレンジ色
IMG

切ると周りに広がるマンゴーの香りに花の香りを少し混ぜたような独特な香りはケサール特有です


大きさや柔らかさ的に、スプーンくりぬき方法で簡単に剥けます。
(スプーンでくりぬく剥き方:アルフォンソマンゴーを剥く)



ダイスに切って、さあ、召し上がれ
IMG


マンゴーの中でも比較的味が濃い目、甘さ強めの中にオレンジのようなさわやかな酸味を感じで美味しい
上品なのに南国フルーツらしい味、私はケサールが大好き
このお値段で、いいパフォーマンスしてます



さて、これを食べたmyダンナ様曰く

「甘い!美味しい!

………でも不思議な香りがする。

…………これ、アルフォンソじゃないでしょ?」


バレた


色も味も濃い目だからアルフォンソと間違えるかな?と思ったら、アルフォンソじゃないと見破られました

数年前、私がインドに来る前の2ヶ月ほど、毎日マンゴーを買って食べていただけある!
myダンナ様をアルフォンソマンゴーマイスターと名付けます


アルフォンソよりお値段が安めで、味はマンゴーの中でも濃いめのケサールマンゴー、ぜひ味わってみてくださいね。
お値段と味の総合評価で、私イチオシです。

 

※もうそろそろ、アルフォンソもケサールもシーズン終了。インドで食べたいと思っている方はお早めにお召し上がりください




デリーNCRあたりでよく見かけるマンゴーについてはこちらから





にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     







マンゴーの王様と呼ばれるアルフォンソマンゴー Alphonso Mango

マンゴー好きの我が家では、インドの酷暑の楽しみといえば、マンゴー…特にアルフォンソマンゴーを味わうこと(myダンナ様の大好物なのです。)
ちょうど一番暑いこの時期がアルフォンソマンゴーが出回る時期、もちろん今年も八百屋や果物屋で売っているのですが全然値段が下がらず
(まだRs.250-300超/kgだったの)


あと少し、あと少しと、買うのを我慢していたら、myダンナ様が会社のインド人の方からお土産に頂いたのを持って帰ってきました




アルフォンソの産地であるインド・マハーラーシュトラ州産のアルフォンソマンゴー
IMG

勾玉やペーズリーというより、アルフォンソといえばの比較的卵型っぽい形。
こちらはアルフォンソにしては結構大きめ、大体300g超サイズでした。(私の目測)



とはいってもマンゴーにしては小さめなので、いつものサイズの皿に、3枚おろし(実、種、実と切り分けるマンゴーの切り方)にしたのが並ぶくらい
IMG

アルフォンソといえば、この濃いオレンジ、そして繊維の少なさが特徴。
包丁を入れても繊維に引っかからず、剥きやすいです。



さて、myダンナ様は、すぐ食べられる切り方が好きなので、飾り気のないいつも通りの切り方でカット
(いつもの切り方:アルフォンソマンゴーを剥く)

我が家産のミントの葉を飾って
IMG


繊維少な目で、ねっとりという表現が一番似合うような滑らかな舌触り。
超濃厚な味わいで、甘さの中にあるわずかな酸味が絶妙です



1年ぶりに食べて気付いた……

やはりアルフォンソマンゴーはマンゴーの王様でした


インドでなければ、こんなに手軽に味わえない味
高いといっても、1日1個、夕飯のデザートと考えれば許容範囲なので旬が終わる前にもっと食べておこうと思います




デリーNCRあたりでよく見かけるマンゴーについてはこちらから






にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     



 

myダンナ様が1泊2日のインド国内出張に行ったら、お土産にこんなものを頂いてきました


結構大粒のアルフォンソマンゴー
インドにくる前(というか小学校高学年)から「一番好きな食べ物はマンゴーと言い続けた私には最高のお土産


こんなにご立派です
image


分かりやすいように掌に載せてみました。
 
マンゴーの中でも実がそんなに大きくないアルフォンソにしてはかなり大きめ。
多分300g超え


myダンナ様の食べたいコールを受け、早速剥いてみました。



私がよくやる、とりあえず一番簡単で食べやすいマンゴーの剥き方で剥くことにしました


①3枚におろす。

真ん中に薄い種がはいっているので、両サイドに身を残すように、真ん中を種ギリギリ、できるだけ薄くなるように包丁を入れる。(何回もやっているとタネがどこまであるのかわかってきます。)

これが、種以外の両サイド2枚
image


種を含む真ん中は、皮を包丁でつるんと剥いて、実を包丁で切り取ったら、種に残った実は剥いている人が特権として食べることができます(もちろん私ですけどね)


②皮と実の境目に大きめのスプーンをいれる
image


③スプーンを滑らせて、皮と実をくるりと剥がすようにする
image

なるべく皮ギリギリにスプーンを滑らせます。


パカッ
image

綺麗に実と皮に分かれました。



④実の部分をお好みで切る。

私はいつも縦縦横横に包丁を入れるダイス型
image

マンゴーの例の飾り切りにすると、実が上手くはがれなくてもどかしいときがあるので、家で食べるときはこの剥き方が一番です。

もちろん、アルフォンソ以外でも同じ剥き方で剥けます。
(700~800gのサフェダもこれで剥きました。)


※ 以前も同じ剥き方で、2色の実を剥いてミックス盛りにしていました。(参考:インドだからマンゴー贅沢盛り)が、アルフォンソマンゴーは味がその他のマンゴーに比べて濃厚すぎるので、ミックス盛りにすると他のマンゴーが負けてしまうのでご注意を




さて、今年初のアルフォンソのお味は……超美味しかったです

まず、マンゴー特有の繊維が少な目なので、スプーンで剥くときにツルンと剥け、口触りもなめらか
そして味が濃くて、酸味が少な目で甘みが強い
マンゴー特有の青っぽい漆臭(マンゴーはウルシ科です)も少な目なので、癖が少なく、味が濃厚で美味すぎる

さすが、マンゴーの王様


myダンナ様は、アルフォンソを出すと何も言わなくても「あ、アルフォンソだと分かるくらいアルフォンソが好きなのです。



お値段は少しお高めですが、とはいえ、アルフォンソをこんなにお手軽に食べることができるのはインドならでは、この季節限定


インドにいらっしゃって、まだアルフォンソマンゴーを食べていないという方は、是非お試しあれ
ブラボーアルフォンソ





にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る
        







このページのトップヘ