インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

カテゴリ: 旅・風景

中国の武漢で感染者が増え、世界へと感染が広がりつつある新型コロナウイルスですが、遂にインドでも感染者が確認されてしまいました

印と比でも初の感染確認 新型肺炎:時事ドットコム

インドの保健当局は30日、南部ケララ州の学生が新型コロナウイルスによる肺炎と確認されたと発表した。学生は中国湖北省武漢市に留学していた。

他に、ムンバイやデリーで中国から来た方が感染の疑いがあるとの報道も出ていましたが、その後検査の結果はどうだったのかな?
(話題になっていないということは大丈夫だったの?誰か知っていたら教えてください。)

とにかく手洗いと咳エチケットはちゃんとしましょう。

正しい手洗いや咳エチケットで感染症対策 - ウェザーニュース

皆様も、お気をつけくださいね



-----*-----*-----*-----*-----*-----




インド生活での楽しみ、海外へ買い出し旅行へ行ったときの話。

このときは、インドの皆様にもおなじみのアジアの某国に行きました。
飛行機はエアインディアだったので「えーーーー、機内食楽しみにしていたのに…。」(アジアの航空会社では、アジアンミールが出るところが多いので)と言いながら、機内食はベジかノンベジの2択だったので、普通にノンベジのチキンインドカレー。

エアインディアの機内食はこんな感じ
image

チキンのカレー、ライス、チャパティ、ピクルス(チャトニー)、ダヒ(ヨーグルト)、左上がデザートのにんじんのハルワ。


そして何事もなく現地の空港に到着。
さあ、現地で美味しい物を食べようとウッキウキな私は、イミグレーションに向かいました。

イミグレーション近くの壁に、各国の言葉でウェルカムが
FullSizeRender

ちゃんと「歓迎」と書いてある

そしてイミグレーションの列に並んだのです。
さすがに人気の旅行先だけあってイミグレーションのカウンターはかなり開いていましたが、それ以上にたくさんの人が並んでいました。


待つこと10分くらい(多分)。

漸く私の番が来たのです


日本のパスポート保持者で短期旅行客はビザ免除の国だったので、気楽に入国審査が終わるのを待っていました。


審査の終わりに、職員の方に、

「両手の親指を機械に押し付けて

と言われました。



あ……この国は指紋認証なのか



そういえば、以前この国ではない国のイミグレの指紋認証で、飛行機で乾燥しすぎた私の指は指紋認証の機械に全く反応せず、職員さんに「ジェルつけて」と言われて漸くOKがでたのでした。

そのことがあって以来、飛行機内、そしてイミグレーション前に手の保湿には気を付けていたのに、美味しい食べ物に浮かれすぎてすっかり忘れてた


一抹の不安を抱きつつも、両手の親指を機械に載せました。



……全く反応せず。



「もっと強く押し付けて」

と言われ、もう一度やり直しました。



……全く反応せず



「もう一度」

と言われ、またやり直しました。


……全く反応せず。




ヤバい、指紋が読めるようにジェルとか出してくれないかな……と思い始めた矢先。




私のいる窓口から、いきな

ものすごい音量のブザー

が鳴ったのです。


もう犯罪者がいるので取り押さえろレベル(多分目の前で鳴っているからかな)


ええええぇぇぇ


とビビりの私が動揺したところで、別の職員さんが来て隅の方にドナドナされました

ドナドナされる最中の、沢山のイミグレに並んだ人々の視線が痛い



そして隅の別窓口で、再び入国審査のやり直し。

再び職員さんに、指紋認証の機械に両親指を乗せるように指示されるも、もちろん反応なし


2回繰り返して指紋が読めなかったところで、


「こちらのカメラを見てください」

と指示されました。

これは確かこちらの国の入国審査で以前やっていた顔認証


それが終わり、この窓口にあった別の出口からようやく入国させてもらえたのでした。


もうとっくに入国審査が終わって待っていたmyダンナ様には「何やってんだよと笑われましたが、小心者の私には心拍数maxになる出来事だったのでした。



私といえば、もともと、どこかに出かけるときに限って嵐を呼ぶ女

晴れ男のmyダンナ様で中和されていますが、いまだに旅行時のトラブル(天気によるトラブル以外にも)のネタは尽きません。

ずっと前にブログ記事に書いた旅行時の悪夢総括

2014年買出し旅行に於ける飛行機悪夢総括。その1.2
2014年買出し旅行に於ける飛行機悪夢総括。その3


これ以外にも

    旅行先に台風直撃とか
    旅行先が40年ぶりの記録的大雨になるとか
    空港に着陸したものの前が見えないほどの大雨で飛行機から降りることが出来ず、機内で1時間待たされるとか
    飛行機に乗ったのになぜか飛行機が離陸せず機内で3時間待たされ、乗客(インド人)が反乱をおこしそうになるとか
    飛行機に乗る前日になって機体トラブルで私のチケットがいきなりキャンセルされるとか
    到着する空港(先進国)が前代未聞の大停電で飛行機がキャンセル、次にいつ飛ぶか分からないと言われるとか


……そういえば、前回この国に来たときには機内で倒れたのでした
 



私ってもしかしなくても、旅&お出かけ先で

巻き起こせ A・RA・SHI A・RA・SHI for dream

の人だった




さて、この恥ずかしい事件の後この国に何度か入国しましたが、myダンナ様は同様に指紋認証をするのですが、私は指紋認証なし

どうやら、指紋が読み取れなくて顔認証をすると、その後暫くは指紋認証はしなくていいらしい。

……指紋が読み取れなくて手間がかかるヤツ認定されたということか




最近はイミグレーションで指紋認証をさせる国も多くなってきた感じがするので、
イミグレ前では手の指の保湿をお忘れなく

皆様もご注意くださいね





Twitterをチェック☟
     



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ




今日(2020年1月13日)は、ローリー Lohri
北インドで行われる、五穀豊穣&子孫繁栄を祈願するお祭り。
これが終わると冬も終わるという、日本でいう節分なのです。


季節の変わり目ということなのか、今日は珍しくが降るかもしれないという予報が…
IMG




火を燃やすお祭りなので、スタートは日が暮れてから。

雨が降らないことを祈りつつ、アパートメントの特設会場へ…


もうすでに食べ物ブースはセッティングされていたので、まずはチャイで一服
IMG

この画像でも何となくわかると思いますが、少し前に雨がパラっと来ていました。


一応ボンファイアの準備は出来ていたので、とりあえず着火
FullSizeRender


小雨が時々パラパラ来るので、火が付かないのを皆で見守る
FullSizeRender


消えそうになったので、食用油投入、漸く燃えてきました
FullSizeRender


…燃える前にみんなお菓子を投げちゃってます


ポップコーン、レウリー、落花生
FullSizeRender


レウリーはインドの冬のお菓子。
ショウガ風味のカルメ焼きでゴマを固めた感じの飴菓子です。





これを頂いて
FullSizeRender


近くにいたインド人マダムに

「火に投げ入れるのよハッピーローリー

とのお言葉を頂き、私も火に投げ入れてきました。

気分は節分で、とりあえず「福は内」を祈ってきました



でも途中で、少し大粒の雨がぼつぼつっと来たので、インドのお祭りではおなじみのDJブースが大パニックを起こしていましたが
FullSizeRender

濡れたら感電しそう


その後雨が止んだので、無事にインド人の方々のダンスが始まったのでした



皆様、ハッピーローリー
良い春を迎えましょう






Twitterをチェック☟
     



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ




小ネタ。
インドの主要道から500m以内で酒販売禁止がNHKニュースになっていました

インドで飲酒運転撲滅へ酒販売規制 経済には影響も (NHKニュース)
  

日本に帰ってしまった元インド駐妻達に報告をしたところ、

「かなりキツイ」「酒屋だけじゃないんだ…」

とのお言葉をいただきました

そして産経ニュースではサイバーハブが

主要道から500メートル内で酒販売禁止、インドで飲酒運転事故多発に対応 業界からは不満噴出(産経ニュース)
日本人が多く住む州内グルガオンにある商業施設「サイバーハブ」の飲食店従業員は「客は9割減だ」と弱り顔で話した。
サイバーハブCyber Hubに行ったのですが、お酒系レストラン&バーの店舗からは悲壮な雰囲気が

インドのニュースによると、MGロードやゴルフコースロードは対象になっていないようで、そちらのモールなどに移転も考えているのだとか。
サイバーハブ、あんなにきれいに作ったのに…可哀そうすぎる
(綺麗なサイバーハブ参考:サイバーハブの記事)




さて、階段井戸チャンドバオリに行って(記事:念願のチャンドバオリに行く)、次に向かったのが、ジャイプールから北東に50㎞くらいいったところにあるバーンガルフォート(Bhangarh Fort भानगढ़ दुर्ग)。

城塞を中心とする廃墟の町です。


実はここ、インドで最も呪われた場所と呼ばれているそうで、一緒に行ったNさんはインドの方に「え?!バーンガルフォートに行くなんて、呪われるよと言われたらしい



16世紀に作られたのですが18世紀には廃墟に。
その理由が、もともとこの地に住んでいたサドゥーに背いた呪いとか、王女に恋をした黒魔術師の呪いとか言われています。
そして今では呪われた地として知られることとなり、日没から日の出までの間、この地に入ることは禁止されているそうです。

そうか、こんなところに行くつもりだったから、チャンドバオリの駐車場の看板の手が呪われているように見えたのね


もちろんバーンガルフォートには呪われないように昼間に行ってきました



まずはフォートの手前の街部分

image01

上部がなくなった石を積んだ街の跡がずっと並んでいます。


見ての通り、荒れ野の山に廃墟が続くような場所なので、遺跡といえど動物天国。


リス

image02-3



ヤギ

image02-4

廃墟の上をぴょんぴょん走っていました。
ここに入った直後、ヤギの落とし物っぽいものがたくさん落ちているな…と思ったのですが、やはりいました


家畜のヤギがいるということは、もちろん牛も

image02-1

牛は観光客がぞろぞろ通る道に堂々と午後の休憩中。


そして猿も

image02-2

山に廃墟に、猿が自由奔放に暴れ放題です。



そんな動物達を見ながら廃墟の街をずっと進むと……

image03


立派な門が登場

image04

猿も一緒に移動しています


門の中には、城塞が(クリックすると大きな画像が↓)

image-p1

山の斜面に建つ城塞、なかなか立派。


折角なので城塞に上ってみました(クリックすると大きな画像が↓)

image-p2

見晴らしがすごくいい(でも霞んでいますが。)


眼下はまさしく廃墟

image06

崩れた石はそのままになっているし、通り道はありますが転びそうです。
折角だからもう少し整備すればいいのに

でもこんなところに登れてしまって柵もないところがインドです



城塞の前は芝生の広場になっていて、インド人がのんびりピクニック……

image08

と思いきや、真ん中で食事をする女性と子供の周りに男性が立ち、猿に狙われないように警戒中
ちょっとでも油断すると猿にお弁当をかっさらわれます。
(そんなところでもお弁当を食べようとする、それがインド人)


猿と人間の攻防を横目に、ワンコはのんびりお昼寝中でした

image07

平和~まったく呪われてる感はないです


この後、帰り道で何かあったら呪われたということで……と思ったら何もなかったので、多分呪われなかったということにしておきます。
(※ 私は霊感0。)

今回の画像のなかで何か写ってはいけないものが写っているようなものがありましたらご一報を



こちらは、霊を感じる人も多いようで、生きている人間に与える悪影響が強い為、政府は法律で日の入りから日の出までの立ち入りを禁止していますが、夜に入ったら街灯もなく真っ暗なので確実に転んで怪我します。
夜間立入禁止にして正解




Bhangarh Fort
 Alwar, Rajasthan


 


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る
        


このページのトップヘ