インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

カテゴリ: 動物・植物

今週からデリーでの自動車のナンバー規制が始まりました。
(ナンバー規制についてはこちら☞大気汚染がひどいのでジョイントコンサートのお知らせ)


ディワーリー後からの酷い大気汚染で、AQI(空気質指数)の表示が全部マルーンカラーに染まっていましたが(数値300以上。詳しくは☞喉の救世主★インドのイソジンうがい薬、ベタダイン)
そのときから比べると、だいぶまともになりました。

11月7日お昼くらいの状況
IMG

とはいえ、大気汚染は依然としてひどい状況にはかわりありませんが


でも先週より少しだけスモッグも晴れて、外が見えるようになりました。

なんか牛じゃないものがいるな~と思ったら、我が家の窓からの風景ではおなじみとなりつつあるニルガイでした
nirugai-2

(ニルガイ☞拝啓、酷暑の我が家の窓より)

ニルガイはオスが灰色、雌が茶色なので、後ろの方のはメスかな?



さらには、アパートメントの塀の際まで来て、葉っぱをムシャムシャ食べていました
nirugai-3

私の家からの風景ってワイルドな田舎だわ



そして最近一番気になっているのが、よく来るワンコの親子
IMG

ちょっと足の悪いママワンコ(最近引きずる足も軽くなってきた感じなので怪我が治ってきたのかも)と一緒に3匹の子ワンコが~
子ワンコも以前よりだいぶ大きくなってきました本当に可愛すぎる



そんな荒野で戯れるワンコもいれば、マーケットでうつらうつらしているワンコもいます
IMG

グルガオン(グルグラム)のジャパニーズベーカリー イロハ Irohaのあるマーケットです
(場所☞インドでフランスのバター★President


そのワンコの向こうに、小さなお菓子屋さんが…
IMG



お兄さんが何かを買っている、ここです
IMG

場所は、在印日本人マダムの間で一大ブームとなったフェルト屋さんの向いです。
(フェルト屋さん☞インドの可愛いフェルトポーチ)


カウンター販売でお菓子を売っていますが、その中にIrohaのパン職人O氏が絶賛していたお菓子があります。

マンゴーキャンディーです
IMG

左(緑):ローマンゴーキャンディ、右(橙):O氏絶賛のマンゴーキャンディ


私は実はインドのこれ系お菓子が嫌いじゃないので、左のローマンゴーキャンディも買ってきてしまいました。


さてお味の方ですが…

まずはマンゴーキャンディーは、包み紙を開けてみる(これが開けにくいんだけどね)と、薄めのゼリーが重なって層のような状態になっているものを切って成型してあります。


……これ知ってる!

インドののし梅ならぬのしマンゴー
むかーし買ったのしマンゴーの記事



味も、マンゴーの味強めのゼリー状ののしマンゴー

味は、甘み強めですが、日本人にもウケそう

……包み紙が取りにくいのが難点ですが。



そしてローマンゴーキャンディですが、インド料理でときどき食後に出てきて、消化を助けるというイムリキャンディ(タマリンドキャンディ)のローマンゴー版。
ローマンゴーエキスを砂糖や水飴で練って団子にしてあるタイプです。

酸味も効いていて、私は好きなのですが……こちらは、日本人には好みが分かれそう



こちらのキャンディですが、インドのスイーツが多めの食品店やスーパーなどで、マンゴーの売っていない季節でもこのような商品は見かけることがあります

これらのキャンディは果物やスパイスで消化促進の効果もあるとか……是非お試しくださいね





にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     





この暑い中、外に出たくない…ということで結構引きこもりの日々を送っています

今日は久々に外出し、帰りに道沿いの八百屋に寄り、マンゴーを物色



実は、もう少しで本帰国になるマダムから、

「今後はあまり食べることが出来なくなるから、毎日アルフォンソマンゴーを食べる

というお言葉を頂き、私も……

「そうだ、食べられるうちにアルフォンソマンゴーを食べよう

という気持ちになったのです



さて、八百屋のおじさんに値段をきいたところ、「1箱まとめ買いだと安くなるよ」という言葉に踊らされて、アルフォンソマンゴーを箱買いしてきました

箱で買っちゃうなんて、私って大人
image


この箱、12個入り約4kgでRs.1000(約1600円)でした。



中は、アルフォンソマンゴーとしては結構大粒のものが並んでいます
image

1個300g超で、約133円。

インドのマンゴーとしてはかなり高価なアルフォンソマンゴーですが、よく考えたら日本のコンビニのスイーツより安いかも
完熟ではありませんが、箱を開けたら部屋の中にマンゴーの香りが漂う~




一番熟れていそうなものを冷やして、早速夕飯のデザートに
image

(パクパク食べられる剥き方:アルフォンソマンゴーを剥く)


他のマンゴーの追随を許さない味の濃さと、繊維が少なくクリームのように滑らかな舌ざわり
やはりマンゴーの王様の名に違わぬ味、アルフォンソマンゴー美味しすぎます

1箱あるので、しばらくはこの大満足な味を味わえそう
是非、この季節にインドにいる方は、アルフォンソマンゴーを味わってくださいね



デリーNCRあたりでよく見かけるマンゴーについてはこちらから






そして、前回に引き続き、アルフォンソマンゴーを買って帰ってきてからの時間の、グルガオン(グルグラム)にある我が家の窓より…
(前回の記事:拝啓、酷暑の我が家の窓より)



なんか大きい物がいる……と思ったらヒトコブラクダが葉っぱを食べていました
image


そして夕方なのでおうちに帰る水牛の行列
image



直射日光が射さないくらいになったら、クジャクがトコトコお散歩していました
image

そういえば、彼女は射止められたのかな?

家に帰ってきてからわずかな時間でこんなに生き物が見れるとは……やはり我が家は田舎です




にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     





デリーNCR界隈は、今年4~5月半ばまでは例年より少しだけ低い気温だったので、「今年はこれで酷暑の季節は終わりかな?」と皆で語っていたら、5月下旬から本格的な暑さとなりました。
日陰でもドライヤーの熱風を浴びているような気温です


【写真で見る】 気温50度を突破 熱波に見舞われるインド (BBCニュース)


グルガオン(グルグラム)の中でも比較的田舎にある我が家。

友人Mさんは我が家を「超田舎だよねと言い、日本に帰国してしまった友人Nさんはインドにいた当時時々我が家に来て「癒される~と窓からの風景を眺めに来ていました。


そんな我が家の窓からは、この暑い季節にもかかわらず、沢山の生き物を見ることが出来るのです。
田舎ならでは




まずは、クジャク
IMG

猫の遠吠え(があるのかは知らない)みたいな鳴き声は毎日聞こえてきますが、時々私が見つけられる広めのところに出てきます。

この時も、しばらくの間オスが羽を広げてくるくる回って求愛ダンスを踊っていましたが、この時はメスにガン無視され、諦めて帰っていきました




牛はもちろん毎日います

コブ牛はアパートメントの陰で休憩中
IMG

日時計のように回るアパートメントの影とともに牛も徐々に移動していきます
ひなたはあついですもんね


もちろん、コブ牛以外に黒い水牛の群れも見かけますよ
(水牛はこちら☞アルフォンソマンゴー大人買い)




さて、こちらは牛ではなく野生のニルガイ
IMG

ニルガイはウマカモシカとも呼ばれる動物で、サイズは牛と同じかそれよりも少し背が高め(でも牛よりスリム体型)の結構大きな動物。

グルガオンだと、田舎の荒野やゴルフ場でも時々見ることが出来るそうで、田舎の我が家でも時々見かけます。
(平和なニルガイ:謎の動物発見 from我が家)



この暑い季節に食べ物を探して移動していたようで、アパートメントの植木を食べる
image

2頭ともスリムで少し小さめだったので、恐らく若めのオスのグループ。

暫くムシャムシャ食べてから去っていきました。





そしてヒトコブラクダ
IMG

野生ではなく、お仕事ラクダが放牧されているだけだと思われます。




そしてほぼ毎日見かけるのはヤギの放牧
IMG

ヤギ飼いのおじさん、歩くのが遅い生まれたばかりのチビヤギちゃんを担いで移動
母ヤギさんがちゃんとおじさんの後をくっついていくので平和~


外は暑いけど、その暑い中で生きている生き物をみると心が安らぐのでした。
(だから私はさらに引きこもりになるという)





ついでに、ヤギの放牧のおじさんが木陰で休む姿
IMG

外は40℃超えだからゆっくり休んでいって~
(この後少しだけ休んでからヤギの群れを追っていきましたヤギ飼いのお仕事って大変だ)





にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     





このページのトップヘ