インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

カテゴリ:旅・風景 > ・旅・風景 インド以外

今回は飛行機ネタがメインなので、まずは飛行機に関する小ネタから。


インドで飛行中にトイレから強烈な悪臭が充満 緊急着陸が決まる (Livedoor NEWS)

問題の旅客機は5日、インドのバンガロールを発ちデリーに向けて飛んでいたインドの格安航空会社「SpiceJet」のSG192便(ボーイング737型機)。

myダンナ様も国内出張でスパイスジェットを使うこともあるし、バンガロール→デリー便なんて日本人も乗りそうなルートじゃありませんか。
他人事じゃない

飛行機が引き返すのはもちろん嫌ですが、逃げられない飛行機でトイレから強烈な悪臭ってどうすればいいの
想像するだけで地獄……乗っていた方が本当に可哀そうでなりません。
(折角なので、飛行機引き返しネタをご覧ください→長かった…バンコク→デリー空の旅)

ちゃんと調査して、今後このようなことがないようにしてほしいです切実




さて本題。


私は富士山が好き

日本人なら嫌いな人はほとんどいない(と思う)富士山。

子供のころは通学路の途中から見える富士山を楽しみにし、高校生のときにはクラスの廊下の窓からちょうど見える富士山の眺めが学校へ行く励みに。
そしてインドに来る前には、近場で富士山が見えるスポットを何か所もチェックしていたくらい、富士山が好き
(駅に行く途中の道とか、家の裏の方にある坂道を上ったところの駐車場とか、デパートの窓とか)


現在も日本に帰るときには富士山チェック魔となってしまいます。



まず、デリー→羽田便の飛行機に乗るときは、なるべく飛行機の進行方向を向いて左側の席を取ります。
そして日本上空に入ったら席の画面で位置チェックして、富士山に近づいたら飛行機の小さい窓から富士山を探すのです



先日の帰国のときは、伊豆の沿岸、大島のほうを通る飛行ルートで、雲もかかっていたので、富士山はこんな感じ

image-fx


ココです

image

富士山好きの私としてはこれだけでも見えたら大満足


今回は、高速道路(関越道)を通っている最中、道路から富士山を見ることができました

image-fx


埼玉のかなり奥地から見える富士山。
……さすが日本一高い富士山、さすが日本一広い関東平野




そして先日インドに戻る便のときは、チェックインが遅かったせいか窓に近いほうの席が取れなかったので富士山チェックはできなかったのですが

成田→デリー便では、進行方向を向いて右側がお勧め。
富士山が見えるし、JAL便やAI便だとインド上空に着くのはまだ明るいうちなのでヒマラヤも見ることができます
(きっと私は高いものが好き



今回の帰国は2富士山……それではさみしいので、過去の画像追加



実は先日の帰国ではバスで爆睡してしまったのでチェックし逃してしまった、ベイブリッジから見える富士山withみなとみらい

image


バスの窓が汚い&雲多めで見にくいのですが、富士山はココ

image

周りに高い山が少ないので遠くからも見えやすい富士山ってやはり素晴らしい


そして、はじめの写真の飛行ルートが大島の方でも、晴れていると、もっと富士山だと分かります

image

ANAの翼とともに




デリー⇔成田航路で今までに最高にちゃんと見えた富士山、渾身の一枚がこちら

image


羽田→デリー便で、珍しく山梨上空の方を通ったときの富士山。
うれしくていっぱい写真をとってしてしまいました




そしてインドにいる現在、富士山がなくて寂しいので、myダンナ様が飲んでいるグラスで富士山を愛でています

image

こちらの富士山グラス、富士山の形状が結構リアルに再現してあり富士山好きとしてはテンションが上がる一品。
インド生活ですさんだ気持ちが癒される
made in JAPANなので海外へのお土産にも喜ばれます。




ちなみに丸い氷はmyダンナ様がどうしても欲しいとねだって日本から買ってきた製氷皿でつくったのでした





最近日本から買ってくるものが、本当に必要な普段の食材や本当に必要な物資より、心が豊かになるものに走りがちなのが浮き彫りな我が家





最後に富士山以外の飛行機からの景色も

実は飛行機からこれを見るのも楽しみにしています

image


こちらは何かお分かりですか?




実は……





東京湾上空。


ここは、東京ディズニーリゾート

image

TDLの向こうに葛西臨海公園の大観覧車も見ることができます。

成田→デリー便は東京湾上空を通ることが多いので、是非チェックしてみてくださいね。



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る
        


※注意 : これは私的意見をまとめた記事ですので、今後のニュースや発表にご注意を!


インド駐在の方には、日本に行くより近くて日本みたいになんでもあるということで、行楽や買い物でお馴染みのタイ

先週10月13日にプミポン国王が崩御し、とても大変なことになっています。


タイ国政府観光庁、国王崩御で服喪期間の旅行者に注意呼びかけ、観光地・交通機関など平常通り(トラベルボイス) 

タイ国王空位、長期化か 皇太子「葬儀がしばらく続く」(朝日新聞デジタル)


ちょうど友人Hさんがご主人様とバンコクに行くということだったので、以前インドでヨガ友だったEさん(現在バンコクで駐妻中)にバンコクの状況を聞いてみました。

  • 現地では国王の喪に際し、国民が数か月間、黒の服を着るため、服屋さんで黒い服をみんな買い求めている。
    (確かに年中あっついバンコクで、皆がそんなに黒い服をたくさん持っているとは思えないですね。)

  • 公式の服喪期間(約15日間)には商業施設などがクローズするため、スーパーなどで買いだめをする人も多い。
    (インド駐在の頼みの綱、バンコクの日本スーパーであるフジスーパーにもたくさんの人が訪れて買いだめをする人も多い感じなのだそうですが、今のところ毎日生鮮食品は入ってきているとのこと→フジスーパー徒歩数分というご近所にお住いのEさん談。)

  • 公式の服喪期間が発表されてから、さらに食材や飲み物の買占めなどが起こりそうなので注意。

おそらく今週くらいには公式の服喪期間がいつになるのか発表されるとか。
インドではディワリなどで休みが多くなるこの季節にタイに旅行を計画している方も実は多いのではと思いますが、今後のタイの動向にご注意ください。


そしてただ今バンコクにいるHさんが服屋さんのディスプレイを送ってくれました。
黒の服装。
すべての店でこのような状況になっているそうです。

image



タイ、国王追悼で黒い服、大行列 (日本経済新聞)


王室を愛しているタイ国民、喪の期間は1年も続くそうです。





タイを愛する私が次にタイに行けるのはいつの日か…

前回に行った弾丸バンコクツアーのときにgetしたものを披露します
それは最近ずっとなかった象ネタ、象のネックレスです

image


ガイドブックにも載っていて有名な日本人がオーナーのアクセサリーブランドシステマ Sistemaのエレファントコレクションの1品です。

Sistemaの商品はインドに来たばかりのころに買ったのですが、今回また無性にほしくなってしまい、時間もなかったためエンポリアムThe Emporium内の販売スペースに行ってきました。


そこで、このネックレスの象さんがたくさん連なる感じとチェーンのラピスラズリのビーズに一目ぼれ


裏側には、象に1個ずつSistemaと925の刻印があってびっくりです

image




さて、このときの弾丸バンコクツアーは、

    1日目:タイ国内で爆発事件のあった次の日にインドを出てその日の夜バンコクに到着して1泊目。
    2日目:1日バンコク、2泊目。
    3日目:早朝、夜が明ける前にホテルを出発して、バンコク発、昼過ぎにインド到着。

という、周りの方々に「無駄無駄」と言われたツアーでしたが、連休にどうしても少しでもインドを脱出したかったんです(by myダンナ様。)



2日目(唯一バンコクにいれた1日間)に、ダンナ様が日本でも通っている整体のバンコク支店に行き(佐々木希ちゃんのCMでもお馴染みのところ)、その合間にインドからバンコクにスライドしてしまったEさんに会ってきました。

毎回弾丸ツアーで急な予定にもかかわらず都合つけてくれてありがとう

image


タイ国内は暫く大変な日々が続くと思いますが、とにかくお気をつけて






にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     



ネパールで25日に発生した大地震、日を増すごとに被害が大きくなっていってしまいました。



そして、ネパールだけではなく周辺国でも犠牲者が…。
ネパールで25日に起きたマグニチュード7・8の地震の死者は27日夜までに、周辺国を合わせて4千人を超えた。各国政府によると、死者数はネパールで3904人、インド72人、中国20人、バングラデシュ5人。ネパールの負傷者は7180人に上った。(ネパール地震、死者4千人超 被害全容なおつかめず - 朝日新聞デジタル

ネパール人がインドで働くためには労働のビザがいらないとのことで、インドではネパール人が沢山働いています。

我が家のサーバント君もネパール出身。

地震当日、サーバント君は「夜、ネパールに電話する」といっていましたが、今週出勤してきたサーバント君に聞いてみたところネパールに住むサーバント君家族は無事とのこと。

しかしネパールではライフラインが復旧していない場所もまだ多く、更には余震も1日に何度もあるそうで……今後被害が増えないことを願うばかりです。






さて、前回(2014年買出し旅行に於ける飛行機悪夢総括。その1.2)の続き、去年の飛行機悪夢3回目です。
これを書いて去年の厄落としにしたいと思います


その3 2014年年末、フィリピンに10年に一度の年またぎ台風が来る悪夢。


これはこの冬の年末年始に、N夫妻お勧めのフィリピンのボラカイ島へ行ったときの話。


仕度中、長男が行くな!とばかりに私のスーツケースに入ったのが、何かの予兆だったのか

image


出発はクリスマスシーズンだったため、デリーのIGI空港もクリスマス

image

 
このときのボラカイまでのルートは、バンコクでトランジットしてフィリピン・マニラへ、そこから国内線でボラカイ島への最寄空港の一つのカリボ空港(Kalibo International Airport) へ

image

国際空港ですが小さく、飛行機を降りてから空港の建物まで徒歩

カリボ空港から車で1時間半程でカティクラン港に行き、そこから船に乗って15分ほどでボラカイ島に漸く到着。

船といっても大型船ではなく、こんなのです

image

 
日本からの直行便が無いため、比較的日本人が少なく、私が行ったときはどちらかといえば西洋人と中国人、韓国人が多い印象でした。


そしてボラカイ島は、本当に美しかったです

昼間は白いビーチで青い海を見ながらのんびり。
マリンアクティビティも豊富で、特にダイビングで有名です。

image


そして私はこんな事もしてしまいました

image

ジッピングZipping

私達の前に乗った西洋人のご家族連れのパパが携帯持ちながら乗っていたので、myダンナ様が携帯、私がカメラを持ちながら搭乗
想像したのよりかなり面白かったです
でも動画には私の叫び声がバッチリ

そして、夕方の海岸

image

ご飯も美味しいし、ボラカイ最高


数日滞在して、日本が年末年始の休みに入り、日本人が増えたなーと思った12月30日が私達のボラカイとお別れする日になりました。

当日の予定。

ボラカイのホテル
 20-30分
ボラカイの港
 15分
カティクラン港
 1時間半
カリボ空港
1時間
マニラ・ニノイ・アキノ国際空港
3時間半
バンコク・スワンナプーム国際空港

カリボ空港が朝8時発なので、夜が明ける前にホテルを出発することになっていましたが、夜中から雨が降り始め、出発時点ではかなりの雨と風

不安になって少し調べたところ、なんと台風がフィリピンに来ていると
それも10年に1度くらいしかない、年末に出来て翌年まで居座る年越し台風(23号JANGMI:韓国のバラ)というニュースが


台風23号が発生 過去2番目に遅く - 47NEWS(よんななニュース) 

名称未設定 2のコピー


大雨のなか、頼んでおいたタクシーで無事にボラカイの港まで到着。
乗船手続きをして港で待つものの、いつもは頻繁に出る船がなかなか出発せず、どんどん乗船を待つ客だけが多くなって行きました

1時間近く待ったところで、雨の桟橋を通り、波に揺れる船に乗船。
何とか出港して大荒れの海を移動。

カティクラン港に着いたものの、ここから1時間半で移動したらカリボ空港でチェックインできるぎりぎりか…という時間に

タクシーの運転手さんに時間がないことを告げ、酷い雨の中タクシーは何とか頑張り(といってもちゃんと安全運転でしたよ)、本当にぎりぎりでカリボ空港着でチェックイン


……しかし飛行機は遅れているとの情報が。

マニラでのトランジットはそんなに時間的に余裕がある訳ではなかったので、不安に思いながらも人で満員の待合のベンチで待つことに

ついでに、ダンナ様がタクシーにバッグを一個忘れてきた事発覚

ダンナ様、ほぼ95%諦めつつもダメ元で空港の入り口で事情を話したら、なんとすんなり外に出してくれ(さすが小さな空港)、外で空港の係員に聞いたところ、空港の入り口にバッグが預けてあったそうで……なんと親切なタクシードライバーさん


買ったばかりの自撮り棒とダンナ様の着替えの入ったバッグは無事に戻ってきました
が、時間的にそろそろこれは本当にやばいかもしれないと思い始めたところで、フィリピン航空の方が名簿を見ながら私達の元へ。


「台風の影響で、前の空港から来るはずの運行予定の飛行機がこの空港に来ることが出来ませんでした。

代替機が着き次第、マニラに移動になります。

ボーディングパスを発券しなおす必要があるので、カウンターまで来てください。」


えーーーーーー


どうやら代替機は元の飛行機より小さく、乗客全員が乗ることが出来ないので、マニラでトランジットの予定がある人(主に外国人)が優先的に乗ることになっているようでした。


…今までの経験上乗れない羽目になるのですが、一分の望みが…

そして新しいチケットをもらってから数十分後、飛行機に乗ることに…。
この悪天候のなかのプロペラ機

image

地面を叩く雨粒、お分かりになりますか
この大雨で水があふれんばかりの滑走路を徒歩で飛行機まで移動したので、飛行機の中でびしょびしょの足を拭く羽目に。
(いつも微妙とか言っている割に、こういうときに役に立つ日本から持ってきた愛用クロックスです)


でも、とりあえず飛行機は無事離陸


そのときの航空券を良く見てみたら、Fromが乗ったカリボ空港ではなく、カティークラン空港 (Caticlan Airport:現在の名前はゴドフレド・P・ラモス空港)になっているし、フライトナンバーもPR2046は他の島の便だし。
本当に臨時便のようで

image

ちなみに、このカティークラン空港 (Caticlan Airport)はボラカイ島最寄のひとつの空港ですが、欠航が多いとの情報で使わなかったほうの小さい空港。
どうやらそちらからプロペラ機をやりくりでまわしてもらったのでは?でしょうか。


でも、プロペラ機で、乗り換え予定のバンコク行きの飛行機に乗れるようにマニラに到着するのか?!

……と思っていたら、1時間少しはかかりましたが珍しく無事に曇天のマニラ空港に到着。

時間は結構ギリギリでしたが無事にバンコク行きの飛行機に乗り換えることが出来ました

image


2014年最後の飛行機でどきどきしましたが、何とか無事にバンコクに到着

終わりよければ全て良しの展開ですが、


船がなかなか出ない

出港しても海大荒れ

嵐の中間に合わないかもと思いながらのタクシー移動

バッグをタクシーに忘れる

飛行機が飛ばず乗り換えに間に合わないかも

代替機のプロペラ機で、台風の中を移動



は私にとって十分悪夢でした。


ここまでで、なんとなく感じたかもしれませんが、実は特に20代の頃私には「雨女」を超える「嵐を呼ぶ女」という不名誉な称号がありました

今日絶対に行かねばならないという日に限って台風が私の移動する経路に来るとか、
新潟に日帰りスキーに行ったときに限って数年に1度の猛吹雪にあうとか(実はこれが一番死ぬかと思いました)、
サイパン旅行に行ったときに限って10年で最大の台風が直撃し、最終日の午後しか外出できないとか…まだまだ

晴れ男のmyダンナ様で中和されているはず!


とりあえず2015年は飛行機のアクシデントが無いことを願うのみです



前の記事:2014年買出し旅行に於ける飛行機悪夢総括。その1.2




ぽちっとお願いします→にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

ぼやき気味です→


このページのトップヘ