インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

カテゴリ:情報・話題 > ・News & 話題 INDIA

毎年恒例、デリー日本人会登録音楽サークル主催のジョイントコンサートが10月14日に開催されます
今年は場所がグルガオン(グルグラム)のサイバーシティーにあるCanonさんのオフィスということで入場に事前予約が必要なため、早めのお知らせです(FBの投稿より)


日時
10月14日(日) 開場12:30/開演13:00~15:20
(入場無料)

場所
Canon Private Limited
DLF Cyber City, DLF Phase 2, Sector 24, Gurugram


参加団体
女声合唱「コールマユール」
混声合唱「チャートマサラ」
混声合唱「ナマステ合唱隊」
男子ボリウッドダンス部「DB2」
女性ボリウッドダンス「デリーラビッツ」


予約方法
①お電話番号 ②来場者全員のお名前
①②をメールで送付 (申込締切:10月11日(木))

IMG_5986


インドで日本人による歌(日本の曲多め)を楽しめるイベント。
ボリウッドダンスグループも参加するのでさらに賑やかです
毎回DB2さんのパフォーマンスには笑わせていただいてます今年も楽しみ
見に行きたいという方は予約をお忘れなく



追記(10/11):
事前予約がなくても当日の入場は可能ですが、身分証明書(パスポート等)と手続きが必要になるそうです。
当日都合が悪くなり来ることができなくなっても問題はないので、迷っているという方は事前予約をお勧めします。



-----*-----*-----*-----*-----*-----



インドの家では日本では普通じゃないことがあるというのはインドで生活したことのある人はご存知のことだと思います。
私も一通りのトラブルは経験しました
(家での出来事やそれに対するちょっとした怒りはTwitterのほうではよくつぶやいています)


最近では、浄水器のフィルター交換が1回で済んだ(以前来るたびに他のところを壊していって5回かかったことがある)とか、冷蔵庫の修理がチェック1回&基盤の交換1回で済んだとか、結構好調


そんな中で気になったのが、バスルームの大きな鏡。
その鏡がガタガタとしてもうすぐ落ちるのではという状態になっていたので修理を呼びました。
結局鏡にその場で穴をあけビス止めしたのですが、修理の人はビスの位置を決める為に書いた油性マジックを消さずに帰りました
 image

………まあ、私の映る位置ではないので良いのだけど。(良いのか?)

でも、普通(日本人の常識)は消して帰るよね~……で、気が付いた



我が家のクローゼット前に大きな鏡がはめてあるのですが、その鏡にマジックの文字と鏡の商品名の印刷があるのです
 image

この印刷、鏡の下から上まであります
こっちは私が思いっきり映るところにあります。


普通、こういう文字のあるところを使わないのでは?邪魔だな?

と思っていたのですが、バスルームのマジックで書いた文字を見て、

実は除光液で消えるんじゃない?

今更突然思ったのです。(それも1年以上経って)



早速、除光液とコットンでこすってみました
 image

なんだ、消えるじゃん
ちゃんと高さ2mほどある鏡の文字を、下から上まで消すことが出来ました
(後日サーバント君が残りの黒い拭いた跡をガラス洗浄剤で綺麗に拭いてくれました



なぜ1年以上除光液で消えるということに気が付かなかったのか?

と自分にツッコんだのですが、よく考えたら、

なぜ最初に取り付けたときに消していかないのか?

という話なのでした



ガラス窓もガラスの製品表示みたいなのががあるものをそのまま使っているのですが、その表示が上を向いていたり下にあったりと適当だし

文字を書いても表示があってもフツーに放置されるという、インドのガラスや鏡のプチあるあるなのでした。
皆様もこんな風に気になるところがあったら除光液で綺麗にしてみましょう




にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る
        



9月12日放送の未来世紀ジパング(テレビ東京)でインドでの使い捨てプラスチック廃止への取り組みを取り上げていました
(それも日本にいるインド友達Rさんが「インド、やるよ」と教えてくれました)


世界のごみ問題 第3弾 人類vs使い捨てプラスチック (日経スペシャル 未来世紀ジパング バックナンバー: テレビ東京)
(上記リンクからTV東京Business on demandで視聴可能(日本国内だけど))



最近だと、スタバが全世界の店舗で廃止するというニュースで注目を集めた使い捨てプラスチック。

「脱プラ」民間が先行 スタバやガスト (日本経済新聞) 
 

世界的に使い捨てプラスチックを廃止する動きが広がりつつあります。
そして、インド政府が2022年までに全土で使い捨てプラスチックを全廃すると宣言し、その先駆けとしてムンバイのあるマハラシュトラ州で使い捨てプラスチックの使用を禁止する州法が施行されました。

インドの州がプラスチック禁止、スタバやマックに罰金 (CNN.co.jp)


ムンバイでは使い捨てプラスチックを締まるGメンがいたり、プラスチックに代わる天然素材の容器や袋を開発したりと、これからこれがインド全土に広がっていくんだろうなーというのをこの番組でも十分感じることが出来ました。


でも正直、インドは全国民がごみをきちんと分別して決まったところに捨てる(ポイ捨てしない☜ココ重要)という共通認識を持つことから始めなくてはダメな気がします。

番組でも、プラスチックごみのポイ捨てが排水溝を詰まらせて水があふれて街が水没して経済活動に影響を与えるとやっていたし


今日、この話題からはじめたのは、久々の再会を果たすことができた友人Kさんと食事をしたら、ストローが紙製でがっかりしたばかりだったからなのでした
是非もっと質がよくてすぐブヨブヨにならない紙ストローを作って下さい
image

Kさん、お忙しいところをありがとう




-----*-----*-----*-----*-----*-----




さて、先日スーパーにお気に入りのUNIBICのジンジャークッキーを買いに行ったら、全部売り切れていました
(参考:UNIBICのジンジャークッキーが好き)


…ということで、どれを買おうかな?と思って見ていたら、以前買ってまぁ大丈夫だったものを発見。(※グルメではない私の意見です)

インドのクッキー大手のBritanniaのNutriChoiceシリーズのオーツクッキー オレンジ
image


NutriChoiceは健康志向シリーズで、コチラもオーツ麦が使われています。


中身は普通のクッキー
image

これで見ると、本当に普通のクッキーに見えますが、中にはゴロゴロと結構沢山のアーモンドが入っていてザクザクと食べ応えあり
さらにオレンジピールの味と香りがくどくなさすぎない程度にいいアクセントになっています。

オーツが入っているので、ただサラサラと口の中で溶けてなくならないのも好きなところ。
そして、私が苦手な砂糖ジャリジャリ食感もなし


これはインドのクッキーの中でも人に勧めれるかも
オレンジが好きな方は天然のオレンジ風味のクッキーを是非お試しくださいね





にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る
        






インドの在留邦人を対象にした、渡航医学(感染症)が専門の東京医科大学教授 濱田篤朗先生の感染症セミナーがあり、知りたがりの私はもちろん参加してきました

大変有意義なセミナーで興味深くお話を伺ったのですが、その中には、今インドで話題となっている、ニパウイルス(Nipah)も出てきました


ウイルス感染の死者10人に コウモリが感染源か インド (CNN)

コウモリ媒介のニパウイルス、死者13人に インド南西部 (AFP BB)



ちなみに、この二パウイするによる感染症は世界保健機関(WHO)が今年発表した治療法が存在しないか不十分で公衆衛生上のリスクがある最新の感染症リストに

WHOが緊急に対処必要な感染症9種類を発表 エボラ、SARSなど (産経ニュース)
9種類の感染症はクリミア・コンゴ出血熱、エボラ出血熱、マールブルグ病、ラッサ熱、中東呼吸器症候群(MERS)、SARS、ニパウイルス感染症、リフトバレー熱、ジカ熱。


こちらの二パウイルス、インドのケララ州ではインドにいるオオコウモリが感染源とされています。


ニパウイルスのヒトへの感染経路は
  • 感染したコウモリとの接触
  • コウモリの触れた(尿や唾液で汚染された)果物やその加工品を食べる
  • 感染した豚との接触
  • 患者に接触(現在のところ、死者の1人は現地の病院に勤務していた女性看護師ですが、これは稀なケース)
とのこと。


そのインドオオコウモリ、こんなのです(以前、南の方で撮ったものを発掘)
image

サイズは、カラスかトンビくらいあるかも。
かなり大きく、バッサバッサ飛び回ります。

こんなに大きいのに、主食はフルーツ。
特に今がシーズンのマンゴー、そしてケララ名産のバナナも好きらしい


コウモリの触れた果物も危ないとのことで、一応調べてみましたが、デリー界隈で出回るマンゴーで比較的メジャーな品種だとケララから来ているものは少なさそう。
でも、いまいち分からない

そして、コウモリは空飛ぶし、それもこのコウモリは大型で数00km飛んだ事例もあるとか。

今後の動向に注意するしかないです





さて、この流れで、我が家ではmyダンナ様からいきなり、

「どこから来ているか分からない野菜や果物は買うな」令

が発令されました。


……て言われてもさぁ、どうすんのよ、と思っていたら「農家直送と。


いやいや、この季節、ファームに行ってもまともな野菜はないし、どーすんのよー


…と思っていたら、少し前に友人Mさんから

「超ピチピチでピカピカの葉物野菜が来るので感動するよ

と紹介してもらったインドの野菜の通販があることを思い出しました。
(フルーツじゃないけど)


問い合わせたところ、お試しをデリバリーしてくれるということで、早速お願いしてみました
image

バジル(左)とサラダ菜セット(右)。

ちょっとビニールが水蒸気で分かりにくいのですが、インドのこの季節にはありえないピッチピチですごく綺麗な葉物
これは、すごいです


こちらは、NUDEという野菜の水耕栽培の企業
image

一緒に頂いたパンフレットやHPにも説明がありましたが、

RO水(水道水じゃなく、フィルタードウォーターというやつです)を使い、
ウィルスや害虫に侵されることなく清潔で、
殺虫剤などの薬品を使わず、
遺伝子組み換えされていない野菜


を作っているのだそうです。


とりあえず、新鮮で綺麗で色々な心配はしなくてもいいことは確か

早速、サラダ菜セット(ロメインレタスとサニーレタスとレタスのベビーリーフっぽいののセット)は、新鮮な葉っぱを生かしてはサラダに
image

うまー
久々にフレッシュな葉っぱを食べました


バジルはまずはチーズ入りハンバーグに添えて(上)、次の日はガパオライス(下)に
image

自分ではあまり使うことがなかったバジルですが、使い方をネットで検索。
まだ残っているので、カプレーゼやバジルソースを作ろうと思っています


確かに普通の野菜よりお値段は高め(HP参照)ですが、こんなにピチピチで綺麗で安心できる野菜だから、その価値はあります
是非一度お試しください




最後に、こちらは水耕栽培ではなく、我が家のベランダ植木鉢栽培。
(コチラも農薬は使わず、日本の野菜用有機肥料で育てております)

少し前、酷かったハダニ被害がだいぶおさまり、元気になってきました。
……気温40℃超えていますが
image

ピチピチっぽい


……だがしかし、この写真を撮った後、嵐の強風に揺さぶられたせいで、葉がかなり黒く傷んでしまいました
(でも、傷んだはっぱを除去したら、元気になってきました。)


去年大発生して恐怖に慄いた植木鉢の土の中の白くて小さくて細いニョロニョロ~も健在。
(謎の害虫?線虫とか?と思い、焦って懸命に調べたところ、ミミズの赤ちゃんということがわかりました線虫は目にほぼ見えない大きさらしい)


さあうちの緑は元気に育つかな?
だいぶ大きくなってきたので、少し間引かなくちゃ




NUDE (FB)






にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     





このページのトップヘ