インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

カテゴリ:旅・風景 > ・旅 INDIA

小ネタ。
インドの主要道から500m以内で酒販売禁止がNHKニュースになっていました

インドで飲酒運転撲滅へ酒販売規制 経済には影響も (NHKニュース)
  

日本に帰ってしまった元インド駐妻達に報告をしたところ、

「かなりキツイ」「酒屋だけじゃないんだ…」

とのお言葉をいただきました

そして産経ニュースではサイバーハブが

主要道から500メートル内で酒販売禁止、インドで飲酒運転事故多発に対応 業界からは不満噴出(産経ニュース)
日本人が多く住む州内グルガオンにある商業施設「サイバーハブ」の飲食店従業員は「客は9割減だ」と弱り顔で話した。
サイバーハブCyber Hubに行ったのですが、お酒系レストラン&バーの店舗からは悲壮な雰囲気が

インドのニュースによると、MGロードやゴルフコースロードは対象になっていないようで、そちらのモールなどに移転も考えているのだとか。
サイバーハブ、あんなにきれいに作ったのに…可哀そうすぎる
(綺麗なサイバーハブ参考:サイバーハブの記事)




さて、階段井戸チャンドバオリに行って(記事:念願のチャンドバオリに行く)、次に向かったのが、ジャイプールから北東に50㎞くらいいったところにあるバーンガルフォート(Bhangarh Fort भानगढ़ दुर्ग)。

城塞を中心とする廃墟の町です。


実はここ、インドで最も呪われた場所と呼ばれているそうで、一緒に行ったNさんはインドの方に「え?!バーンガルフォートに行くなんて、呪われるよと言われたらしい



16世紀に作られたのですが18世紀には廃墟に。
その理由が、もともとこの地に住んでいたサドゥーに背いた呪いとか、王女に恋をした黒魔術師の呪いとか言われています。
そして今では呪われた地として知られることとなり、日没から日の出までの間、この地に入ることは禁止されているそうです。

そうか、こんなところに行くつもりだったから、チャンドバオリの駐車場の看板の手が呪われているように見えたのね


もちろんバーンガルフォートには呪われないように昼間に行ってきました



まずはフォートの手前の街部分

image01

上部がなくなった石を積んだ街の跡がずっと並んでいます。


見ての通り、荒れ野の山に廃墟が続くような場所なので、遺跡といえど動物天国。


リス

image02-3



ヤギ

image02-4

廃墟の上をぴょんぴょん走っていました。
ここに入った直後、ヤギの落とし物っぽいものがたくさん落ちているな…と思ったのですが、やはりいました


家畜のヤギがいるということは、もちろん牛も

image02-1

牛は観光客がぞろぞろ通る道に堂々と午後の休憩中。


そして猿も

image02-2

山に廃墟に、猿が自由奔放に暴れ放題です。



そんな動物達を見ながら廃墟の街をずっと進むと……

image03


立派な門が登場

image04

猿も一緒に移動しています


門の中には、城塞が(クリックすると大きな画像が↓)

image-p1

山の斜面に建つ城塞、なかなか立派。


折角なので城塞に上ってみました(クリックすると大きな画像が↓)

image-p2

見晴らしがすごくいい(でも霞んでいますが。)


眼下はまさしく廃墟

image06

崩れた石はそのままになっているし、通り道はありますが転びそうです。
折角だからもう少し整備すればいいのに

でもこんなところに登れてしまって柵もないところがインドです



城塞の前は芝生の広場になっていて、インド人がのんびりピクニック……

image08

と思いきや、真ん中で食事をする女性と子供の周りに男性が立ち、猿に狙われないように警戒中
ちょっとでも油断すると猿にお弁当をかっさらわれます。
(そんなところでもお弁当を食べようとする、それがインド人)


猿と人間の攻防を横目に、ワンコはのんびりお昼寝中でした

image07

平和~まったく呪われてる感はないです


この後、帰り道で何かあったら呪われたということで……と思ったら何もなかったので、多分呪われなかったということにしておきます。
(※ 私は霊感0。)

今回の画像のなかで何か写ってはいけないものが写っているようなものがありましたらご一報を



こちらは、霊を感じる人も多いようで、生きている人間に与える悪影響が強い為、政府は法律で日の入りから日の出までの立ち入りを禁止していますが、夜に入ったら街灯もなく真っ暗なので確実に転んで怪我します。
夜間立入禁止にして正解




Bhangarh Fort
 Alwar, Rajasthan


 


にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る
        


私の中では、私の住むグルガオンのあるハリヤナ州で牛肉禁止になったの以来の特大(?)ニュースが

交通事故多発のインド、幹線道路沿いでの酒類販売を禁止 国際ニュース (AFPBB News) 

インドでは毎年、1時間に平均17人が交通事故で死亡していることから、同国の最高裁は昨年12月、酒販売業者に対し幹線道路から500メートル以内での営業禁止を命じ、その発効日が今年4月1日となっていた。
酒類販売の禁止は幹線道路近くのバーや飲食店も対象となっており、数十億ルピーの税収減になるとの推定を出している政府などは禁止命令の発効の延期を請願していたが認められなかった。 

グルガオンはNH8(国道8号)沿いに有名なホテルが軒並み建っています。
オベロイOberoiとお隣のトライデントTrident、その向かい側にあるリーラLeela、更にはウェスティンWestinクラウンプラザCrowne Plazaなど。
先日送別会で日本食レストランを使ったばかりのギャラクシーホテルGalaxy Hotelや、ギリギリデリーになりますがトールゲートのすぐ近くの日本食レストランが入っているシティパークCity Parkも500mに入ってしまいそう。
グルガオンの商業施設だと、アンビエンスモールAmbience MallサイバーハブDLF CyberHubスター・モールStar Mallなど。
それ以外にも、日本人におなじみの日本食レストランやバー、カラオケなどの何軒かはNH8から500m以内。
もうお酒が出るか出ないかは、それぞれのお店にご確認ください、というしかない。

グルガオンは牛肉もでないのに、更に結構使い勝手のいいレストランでお酒も出なくなるだなんて、そんなひどい仕打ち




Gurgaon-highway-liquor-ban:-Unhappy-hours-set-in,-leaving-bar-owners-in-low-spirits (IndiaToday)
  
Some thought it was an April Fools' Day prank.

4月1日だったので、エープリルフールだと思っている人もいるらしい
なんというブラックジョーク…真面目にそう思いたい


政府がこれで数十億ルピーの税収減になると推定しているので、税収減になりすぎてこれらは中止しますor修正しますというのを待つのみ
どんどん住みやすくなるのに、違う意味で住みにくくなるグルガオン
頑張ろう





さて、話は変わります。

実はインドに来る前から日本のTVで見たことがあり行きたいなーと思っていたのがラジャスタンにあるチャンドバオリ(Chand Baori, चाँद बावड़ी)

バオリBaoriとは階段井戸のことで、その名の通り階段状に地面に彫られて作られていて、そこに雨水などを貯めておく井戸のことです。
(ニムラナフォートのバオリ:ニムラナフォートに行ってきました。その3)

デリー近郊にも何個かバオリはあるのですが、このチャンドバオリはそれらに比べるとかなり巨大で深さは30mもあり9世紀に建造されたものです。

この冬にようやく行く機会があり、遂にチャンドバオリまで遠征してきました


まだ外が暗くて白い時間に出発して、途中で日の出を迎えました

image01

幻想的なインドの冬の日の出

冬のスモッグが酷すぎます。
この太陽の色を見るとインドだなーと感じます。


グルガオンを出て5時間弱。
漸くラジャスタンにあるチャンドバオリに到着

image02

この駐車場のサインが…
意味は分かるけど、その手が怖い。呪われそう



駐車場から歩くこと5分くらい、チャンドバオリ内へ。

image03

もうとにかく大きい
(大きすぎて写真に入りきらない)

こちらの写真に写る人(上のほう)の大きさと比べていただければ、その大きさは一目瞭然。

image03

Wikipedia(チャンドバオリ)によると深さ30mだそうで、マンション10階くらいの深さ…それは深いわけです。

image04
 
他に何もないのですが、これを見るだけでここまで来た価値はありました。
こんなにも精密な階段をインド人が作れるなんて 

本当にこれはすごい遺跡
ただ見るだけとは思えない充実感


牛に見送られながら帰ってきました。

image05


ジャイプールから東へ100kmほどのところにあるので、ジャイプールに行ったときにはちょっと足を延ばして寄ってみてはいかがでしょうか

……涼しい季節に




Chand Bawri
Abhaneri, Rajasthan






にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る
        


関連記事
トラバンコールへ行く その1 
トラバンコールへ行く その2
トラバンコールへ行く その3
トラバンコールへ行く その4
トラバンコールへ行く その5


ホーリーに行ったトラバンコールの旅。

地引網を真剣に見ていたら、風と波と共にかなり移動していたので、ホテル方向に戻ることに。

浜とホテルのある方の間の野原には牛がつながれていました。
牛をみると、なんとなくインドだなーと思います

x28

写真撮ったら手前のうしにすごく見られていました。
その後私とmyダンナ様が通るまでづっと見続けられました。(牛は繋がれています)


そしてその牛を通り過ぎ、民家の方に近付くと、地面に洗濯物が干されていました。
地面に干すのがインド。
x36


ホテルに戻る道をブラブラ歩いていたら、今度はヤギに遭遇。 
x30

これはヤギが寝ているのではなく、繋がれたヤギがその綱の届くぎりぎりのところに気になるものが有るらしく頑張っている様子です


そして自転車にのる少年に遭遇。
x29

のんびり~
空がインドとは思えないほど青い。


そんな旅ももう終わり。

ホテルから空港への道はケララ州の州の花であるゴールデンシャワーツリーが満開でした。

x40


あまりに道路がスムーズに行ったため相当早くに空港に着きそう…というわけでドライバーがお土産屋さんに寄ってくれました。

普通、こういうのでお土産屋さんによると、しつこく買い物をアピールされたりしますが……

中に入るとお土産のグッズとスパイス・食品売り場があり、店の人が「こっちがお土産モノだよー」と案内したきり、まったく商売する気なし。
スパイス・食品売り場で説明を求めると、説明はしてくれるけど、強要なし。

この商売っけの無さ…インドじゃ無い感満載

店の前でバナナチップをあげていたので、せっかくだから買ってきました。

x42



バナナチップは塩味(スパイス無し)でホクホクでおいしかったです。

a


そして飛行機でデリーへ…

飛行機から、2日目の夕日。

x16


インドでは空気が汚いので普段はこんな夕日はなかなか見れません。

綺麗な夕日を堪能しながら1泊2日の旅は終了したのでした。
本当はもっと長くのんびりしたかった
 

デリーの空港で、顔を真っ赤に染めたままどこから飛行機に乗ってきたんだ…という女性に遭遇し、ようやくホーリーらしさを味わったのでした。



関連記事
トラバンコールへ行く その1 
トラバンコールへ行く その2
トラバンコールへ行く その3
トラバンコールへ行く その4
トラバンコールへ行く その5



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     




このページのトップヘ