インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

カテゴリ:動物・植物 > ・植物

遂に日本の時代は平成から令和へ。
日本は盛り上がっていますね


さて、新しい時代の幕開けということで、華やかに綺麗なインドの花の話題をひとつ

インドでは今年も世界三大花木のひとつ、ホウオウボク(鳳凰木)が咲き始めています
FullSizeRender
(これは若くて小さい木ですが大木になります。)

インドのこの辺りでは、庭木や街路樹などで結構見かける花木。

小さいオジギソウのような葉っぱの木に、鮮やかなオレンジ色〜朱色の蘭を思わせるような形の花がたくさん咲いて、遠くから見ると霞がっている感じが綺麗
(花拡大:40度越えの花々 + 種)


この木は日本では「鳳凰の木」ですが、インドでは「グルモール(グルモハル)」、これは「孔雀の花(グル:花、モール:孔雀)」なのです。




ちなみに世界三大花は、このホウオウボクと、

紫の花が美しいジャカランダ☟(オレンジやピンクもあるらしい)と



 
バナナのような蕾から、オレンジから赤の肉厚の花が咲くカエンボク(火炎木)です。
(去年のカエンボク:真夏の花が咲く季節)



※追記(5/2) :カエンボクが咲いてました☟



全てデリーNCR近郊で見ることができますの



日本で令和は迎えられませんでしたが、綺麗な花で新時代を祝おう



​​Happy New Era🇯🇵 






にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     






デリーNCR界隈は30℃後半を記録し、40℃に達するのも目の前となっています

日本は桜の季節ですが、こちらの街路樹は落ち葉の季節になってきました
image

インドではこれからの季節は暑すぎて葉っぱが落ちるのです


花だと未だにキワタのオレンジの花は見かけます。
(キワタの花:春の果物、ブドウ)


そして、頑張っているのがブーゲンビリア
image

このピンク以外に、白、オレンジ、黄色など、南国の花らしい鮮やかな花(本当の花は真ん中の白い小さいところ)が咲いています


拡大図
image

白いのが本当の花。ピンクのところは包葉という花を取り巻く葉っぱだそうです。




インドの庭や花壇などの低木でよく見かけるのがランタナ
image

グラデーションが美しい

小学生のときに友達の家にランタナがあり、素敵な花だなーと思っていた記憶が
そのときからランタナが好きなのです



ショッピングアーケードやモール、ビジネスビルなどの入り口に、なぜか鉢植えの花を飾ってあるのがインド
image


この真ん中に咲いている背の高いのがダリア

インドは大輪が好きらしく、大輪のダリアの鉢植えが飾ってあるのをこの季節によく見かけます。
ダリアが好きすぎて色々なところでダリアを
image

こちらはどれも大体直径20~30cmほど。
夏らしい色合いで美しい

ここでは桜を愛でることが出来ないので、こんな花を見て楽しんでいます。




さて、先日マダムOさんと時々開催するケーキを食べる会で、グルガオン(グルグラム)にあるダイアパークホテルのカフェ&レストラン「ハニー」に行ってきました
image

この界隈で安定したケーキが食べられる数少ないレストラン
(だってインドのケーキは基本食べられたもんじゃないんです。)※個人の意見です。


どれを食べようか物色
image

一番いいところに、恐らく季節的にラストになるであろうイチゴのケーキ類


迷って選んだのがコチラ
image

イチゴショートケーキ(左)と桜ロールケーキ(右)

このホイップクリームスポンジを求めていたの


イチゴショートはホイップクリームとスポンジ、そしてイチゴのコンビネーションが美味しい

そして季節限定だと思われる桜ロールケーキは、ホイップクリームに桜の塩漬けの味のバランスが丁度いいスポンジケーキが絶妙で、インドに居ながら日本の春の味

桜のお花見は出来ませんが、桜の気分を味わってきました


そして帰りは、ホテルのお花に見送ってもらったのでした
image



……あぁ、もうそろそろ日本で桜がみたいなぁ(と思い続けてもうX年)




PS. 帰り道、車の行く手を妨害していたのはロバでした。ほのぼのグルガオン。
image




ダイアパークプレミア Dia Park Premier Hotel
353-357, Sector 29, City Centre Gurgaon







にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     




先日載せたキワタ(記事:春の訪れfromうちのベランダ)が車で通りがかりであまりに目すぎるなぁ〜と思っていたら、インドにある日本のベーカリー Irohaのあるマーケットに沢山咲いていることを思い出しました。


Irohaに行ったときに(Irohaの記事:甘いパンで幸せ?Iroha)
image

これぞ、インドの春の花、「インドのモクレン(私の呼び名)キワタ
モクレンが大好きな私はもちろんキワタも大好き


肉厚な花びらを持つ花の形がモクレンなのです
image

(モクレンが分からない方へ:Wikipedia/モクレン)


キワタはインドの春の花ですが、インドの春のフルーツといえばブドウ。
インドでも日本と同じく結構一年中出回ってはいますが、インドで良く見る品種の旬は年明けから春
今が一番美味しいシーズンなのです。

先日、我が家の近所のオーガニック八百屋に行ったところ、レジ前に入荷したてでまだ箱に入っているブドウを発見。
美味しそうだけど、どうしようかな~と思っていたところ、八百屋のお兄さんが「味見して」と箱を開けてブドウをブチっと引きちぎってくれたので、洗うことも出来ずにそのまま味見
(お腹は壊さなかったyo)
激ウマだったのでハーフボックス(1㎏)も買ってきてしまいました。


そのブドウが緑のブドウ、おそらくトンプソン・シードレス Thompson Seedlessかその近縁種
image

トンプソン・シードレスはサルタナと呼ばれる品種。
日本では「サルタナ・レーズン」で有名な、よく干しブドウに使われている品種です。

日本でもトンプソン・シードレスはありますが、アメリカやチリからの輸入品が多いようでもう少し丸くて大粒ですが、インドのものは小粒でかなり長め。



手に乗せると粒の大きさはこのくらい
image

粒のサイズはデラウエアを長くしたくらいです。


このブドウは皮が薄くて皮ごと食べれるタイプなので、よく洗ってこのまま食べます。
パリッと食べれて、味は甘くて皮ごと食べても渋みもなく美味しい
この手軽さで、この季節についつい買ってしまいます。


ただし注意が……
もう少し暑くなると、輸送やお店の環境によって、見た目は普通でもアッというまに実が発酵してしまいます。
美味しそうと買ったら、全部発酵していることも

暑くなる前のこの季節にこそ沢山食べておきたいインドのブドウなのでした




にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     





このページのトップヘ