インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

カテゴリ:食べ物 > ・食 INDIA

最近、スーパーなどで結構見かけるようになったお菓子があります。

それが、オーストラリアのお菓子といえばこのチョコレートビスケット、TimTam ティムタム なのです
IMG


友人Nさんが、

「サウスポイントモールのマルシェで発見しちゃったんだけど
(マルシェ:スーパー Le Marche)

と言って持ってきてくれたのが、インドでコレが売っているのを知ったきっかけ。


その後、よく注意して見てみたら、他のスーパーやインドのコンビニ 24Seven、さらにはうちの近所の小さい売店でも販売していて、ただいま絶賛売り出し中らしい


種類は、カプチーノ(上)と、チョコレート(下)の2種類。
サイズはこの6個入りと10個入りがあります。

6個入りがRs.80(約123円) 10個入りがRs.125(約192円)。
普段のおやつとして全然許されるお値段




さて、うらを見るとシールが貼ってあるので、輸入品だということは分かるのですが、アラビア語も書いてあるし、そっちにも輸出しているタイプのものなのね。
いったいどこ産よとチェック
IMG

インドネシア製でした。

インドやイスラム圏に輸出するものは結構インドネシアが多い印象。
インドネシアはイスラム教徒の方も多いので、ベジタリアンフードもハラールフード(イスラムの教えに則り「許されている」食べ物)にちゃんと対応しているイメージがあります

オーストラリアの隣国インドネシアでは現地生産されており、本国オーストラリアよりやや安い価格で販売され、やはり人気の商品である。(Wikipedia:ティムタム)




さて、中身ですが、個包装になっています。(オーストラリア製の通常サイズのものは個包装ではないです。)

開けると、見た目はどちらもチョココーティングで普通のティムタムっぽい
IMG



大きさですが、オーストラリア製のティムタムの写真が残っていたので、同じお皿で大きさ比べIMG_2049

インドの方が一回り小さいです。



さて、お味ですが……

ザクザクビスケットの間に、ちょっとムースっぽいクリーム(チョコ味はチョコクリーム、カプチーノ味はカプチーノクリーム)が挟んであり、それをチョココーティングしてあります。


まあ、悪くない……


……悪くないけど、オーストラリアのティムタムとは周りのチョコも中に挟んだクリームも味が違う。




よく考えたら、東南アジア(主にインドネシアやタイ、フィリピンなど)など気温高めの地域で作られているチョコ製品は、溶けにくいチョコレートで作っているものが多いんだった。
タイのポッキーも日本のとはチョコが違うし、インドのキットカットもチョコがちがう

そう、このティムタムもまずコーティングのチョコの味が暑い国仕様のチョコ味(多分)
口どけと舌触りがイマイチなの


そして中身のクリームが、オーストラリアのものはもっとチョコっぽいのですが、コチラはムースっぽい感じ。
こちらはオーストラリアのティムタムでも味のバージョンが沢山あるので一概には言えないのですが。



ここはオーストラリアのティムタムとは別物と考え、インドで手に入るこのタイプのお菓子の中ではクオリティはかなり高め

小分け包装なのもポイント高い



なんだかんだ言って、今後もおやつとして買ってしまう商品なのでした。
(でも日本に帰ったらカ〇ディコーヒーで、オーストラリアのティムタムを買って味を確認するんだと誓ったのでしただって大好きなんだもんティムタム)

皆様も見かけたら手に取ってみてくださいね





にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     






今週からデリーでの自動車のナンバー規制が始まりました。
(ナンバー規制についてはこちら☞大気汚染がひどいのでジョイントコンサートのお知らせ)


ディワーリー後からの酷い大気汚染で、AQI(空気質指数)の表示が全部マルーンカラーに染まっていましたが(数値300以上。詳しくは☞喉の救世主★インドのイソジンうがい薬、ベタダイン)
そのときから比べると、だいぶまともになりました。

11月7日お昼くらいの状況
IMG

とはいえ、大気汚染は依然としてひどい状況にはかわりありませんが


でも先週より少しだけスモッグも晴れて、外が見えるようになりました。

なんか牛じゃないものがいるな~と思ったら、我が家の窓からの風景ではおなじみとなりつつあるニルガイでした
nirugai-2

(ニルガイ☞拝啓、酷暑の我が家の窓より)

ニルガイはオスが灰色、雌が茶色なので、後ろの方のはメスかな?



さらには、アパートメントの塀の際まで来て、葉っぱをムシャムシャ食べていました
nirugai-3

私の家からの風景ってワイルドな田舎だわ



そして最近一番気になっているのが、よく来るワンコの親子
IMG

ちょっと足の悪いママワンコ(最近引きずる足も軽くなってきた感じなので怪我が治ってきたのかも)と一緒に3匹の子ワンコが~
子ワンコも以前よりだいぶ大きくなってきました本当に可愛すぎる



そんな荒野で戯れるワンコもいれば、マーケットでうつらうつらしているワンコもいます
IMG

グルガオン(グルグラム)のジャパニーズベーカリー イロハ Irohaのあるマーケットです
(場所☞インドでフランスのバター★President


そのワンコの向こうに、小さなお菓子屋さんが…
IMG



お兄さんが何かを買っている、ここです
IMG

場所は、在印日本人マダムの間で一大ブームとなったフェルト屋さんの向いです。
(フェルト屋さん☞インドの可愛いフェルトポーチ)


カウンター販売でお菓子を売っていますが、その中にIrohaのパン職人O氏が絶賛していたお菓子があります。

マンゴーキャンディーです
IMG

左(緑):ローマンゴーキャンディ、右(橙):O氏絶賛のマンゴーキャンディ


私は実はインドのこれ系お菓子が嫌いじゃないので、左のローマンゴーキャンディも買ってきてしまいました。


さてお味の方ですが…

まずはマンゴーキャンディーは、包み紙を開けてみる(これが開けにくいんだけどね)と、薄めのゼリーが重なって層のような状態になっているものを切って成型してあります。


……これ知ってる!

インドののし梅ならぬのしマンゴー
むかーし買ったのしマンゴーの記事



味も、マンゴーの味強めのゼリー状ののしマンゴー

味は、甘み強めですが、日本人にもウケそう

……包み紙が取りにくいのが難点ですが。



そしてローマンゴーキャンディですが、インド料理でときどき食後に出てきて、消化を助けるというイムリキャンディ(タマリンドキャンディ)のローマンゴー版。
ローマンゴーエキスを砂糖や水飴で練って団子にしてあるタイプです。

酸味も効いていて、私は好きなのですが……こちらは、日本人には好みが分かれそう



こちらのキャンディですが、インドのスイーツが多めの食品店やスーパーなどで、マンゴーの売っていない季節でもこのような商品は見かけることがあります

これらのキャンディは果物やスパイスで消化促進の効果もあるとか……是非お試しくださいね





にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     





インドはご存知の通り、牛が多いです

今日も大気汚染で空気が悪い中、道路の脇で牛が草を食んでいました
image

のんびり~

そして、牛が多いので、乳製品を手軽に手に入れることが出来ます。



……だがしかし、それが美味しいとは限らないのです


特に普通のバターが微妙

妥協してインドの普通のバターを「風味がイマイチだし、やたら塩強めだな~」と思いながら使っていたら、そう思っていたのは私だけでなかったようで


同じように思っていた友人から

「Irohaで売っているバターが超ウマい

との情報が



デリーNCRにお住まいの日本人にはおなじみの、グルガオン(グルグラム)にあるジャパニーズベーカリーショップIroha
IMG


こちらで取り扱っているのがフランスの「President」のバターです
IMG

私が買ってきたのは有塩ですが、無塩も取り扱っています。
フランスでは一般的に使われているブランドのバターだそうです。

こちらはフランスのバター……ということは日本でもブームになった発酵バターなのです
(ヨーロッパでバターと言えば発酵バターのことなのだそうです)


発酵バターとはこんなもの
バターはクリームをかき混ぜて作ります。「発酵バター」はその原料となるクリームを乳酸菌によって半日以上発酵させてつくられます。この発酵という一手間を加える事によって、コクが深まり、特有の風味が増すのが特徴。そのままパンに塗るのはもちろん、お菓子に入れるのもいいですね。特に焼き菓子がオススメ!バターの香り、味、風味の違いが引き立ちます。(グリコ/「発酵バター」って、普通のバターとどう違う?)

食べてみたくなってきたでしょ


パッケージを開けてみると、ちょっと黄色みが強めのバター
IMG


早速トーストに塗ってみました
IMG


温かいトーストに塗ると、バターのいい香りが食欲をそそります。

そして食べると……バターの風味が強くて、これは美味しい~
トーストに使うにはちょうどいい塩加減でした

もうこの味を知ったら、インドの普通のバターは使えなくなってしまいそうです



さて、こちらのお値段は500gでRs.200台。(正確なお値段を忘れてしまいましたが、日本円で500円もしなかった) ☞Rs.225〜250(約350円前後)

輸入品が高価なインドでフランス製のバターがこのお値段………って、超お安くないですか

追記(2019/11/3):Presidentはフランスのバターブランドですが、こちらの商品はmade in Indiaでした
フランスと同じ製法で、インドの牛乳を使って作ったバターだそうです。

France’ President butter to capture India after a soft launch year ago (FNB News)




Irohaのパン職人O氏曰く「日本ではバターが高いので、お土産に買って帰る方もいる」とか

その気持ちわかる
だって、日本の一番普通のバターだってこの倍くらいするもん

今度日本に帰るときには、私もお土産に買って帰ることにします





President Butter


買った場所
Iroha イロハ
GF 144-146, Sushant Vyapar Kendra, Sushant Lok Phase-I, Gurugram, Haryana 122003



 




にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから☟
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る☟
     








このページのトップヘ