インドへ行こう♪

私…インドへ行くことにした…………って、もう来ちゃいました。from 2012/07

カテゴリ: インドへの道

今年は明日(3月6日)がホーリー。

色鮮やかなヒンズー教の「ホーリー祭」 (WSJ)


去年はホーリーの無い南インドに行きましたが、今年はお留守番組です。
(去年の記事:トラバンコールへ行く その1)


さて今日、グルガオンのギャレリアマーケット(Galleria Market)に行ったら、ホーリー用の出店が並んで、既に臨戦態勢

image

恐怖の水鉄砲の山


その中に見覚えあるものを発見

image

これは、もしや、ドラえもん?!(←認めたくない。)

おなかに目は付いてるし(左)、歯は生えてるし(右)。

他にも突っ込みたいものが多々あったのですが、水鉄砲は買う予定ではなかったので
何かのために、オーガニックの色粉のみ買ってきました。

インドでも人気のあるドラえもんなのですが、インドの人々はこのドラえもんで納得するのだろうか



そしてホーリーといえばコレ

image

揚げ餃子でも、ちいさいカルツォーネでもありません。

ホーリーのミターイ(Mithai, मिठाई:スイーツ、甘いお菓子の意味)、グジヤ (Gujiya, गुजिया)です。
サモサと同じような皮で中身はドライフルーツやココナッツなどが入っています。

インドのお菓子なので甘いですが、許せる味
でもスーパーのベーカリーコーナーで買ってきたから味の保障はありませんが



お散歩前の長男は既にバッグの中でスタンバイ中。

image


そしてインドではこんなのがネットニュース記事になっていました

How To Ensure Pet Safety During Holi - Lifehacker 

ペットをホーリーからどうやって守るか

ホーリーは犬や豚や牛も色々な色に染まっているのを見かけます
お散歩なんていったら、格好のターゲット
明日は外にお散歩には行けないかも……危険すぎて




ぽちっとお願いします→にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

ぼやき気味です→

友人から、ワンズがインドに来たときの書類について聞かれ、その書類を見ていたら、ワンズがインドに来たときのことを思い出しました。
(すべて2012年7月の話です。現在は色々変更になっていることもあるかもしれませんのでご確認ください。)


渡印する当日の朝、横浜のYCATから成田空港行きのリムジンバスに乗りました

YCATから成田行きの京急のリムジンバスはペットはキャリーバッグに入れ他人に迷惑をかけない場合であればOKのことだったので、ワンズはいつも入っている布キャリーに入ってリムジンバスへ……
(飛行機に乗せるときのコンテナ型キャリーは先に成田空港に送っておきました。)

成田空港に入るときのパスポートチェックのときに急に来た検問の人にびっくりして1回「ワン」と吠えただけ(多分末っ子)で、とりあえず無事に成田空港へ…。

カートの荷物の上に乗せられるワンズ。
15

最終の荷物詰め中。
(myダンナ様は荷物の後ろに頭だけ心霊写真のように写っています)

このあと、コンテナキャリーにワンズが入り、JALのチェックインカウンターへ……
ちなみに、JALは飛行機によってペット用キャリーを乗せられる部分の数が違うらしく、私の乗る便は2個。
ワンズは3匹でしたが、同じところに住む親子か兄弟なら同じコンテンに入れてもOKとのことで、小さなコンテナに長男1匹、大きなコンテナに長女と末っ子の2匹が入りました。
(事前に確認を取りました)

でも、ワンズ、なんとなくいつもと違う気配を察知し、窓から覗くJALの方に吠えるそして私怒る
検疫の書類(前日に検疫を受けていました)をチェックし、ワンズのコンテナはカートに乗せられて運ばれて行きましたが、吠えていたので周りの人の注目の的に

さらには、預け入れのほうの荷物に犬用の消臭スプレーとその詰替え用が入っていたのですが、成分がわからずに持ち込めないかもと(わからないということは危険なものは入っていないと思われるのですが)……結局、普通の消臭剤なので問題ないでしょうとのことでOKが出ました。

JAL国際線 ペットをお連れのお客さまへ


そして、私は飛行機へ…
12

あぁ、例のボーイング787型機です。
成田-デリー線は一時期だけこの787型機が使われていました。

ワンズ、787型機にのった数少ない(?)ワンズかもしれない。

機内では、私が定期的に「ワンズ、大丈夫かな?」と言うので、ダンナ様に怒られました

そして10時間近くかかってインドに到着。
14

荷物の受け取り口で待ちました。
(まさかとは思いますがターンテーブルで流れてくるのでは…とか)
係員に聞いたところ、カートで運んでくるとのこと。

自分の荷物は普通にターンテーブルできたものの、ワンズのコンテナキャリーは来ず。
周りに人がいなくなり、飛行機の乗務員の方々も来たのにワンズ来ず。

係員に何度も聞いたら、調べて来てくれたのですが、なんと、飛行機から荷物を下ろすクレーンが壊れたとのことで、下ろすのが遅れているらしい。
さすがインド。

人もいなくなって寂しくなった頃に漸く係員がカートにワンズのコンテナを乗せてカラカラ運んで来てくれました。

窓からのぞいたら、ワンズはおとなしくしていましたが元気そうでホッとしました

その後、出る手続きをしようと空港の窓口に聞いても、イマイチはっきりした返事はもらえず。
結構な時間待っていたのですが、結局行っていいということに(いいのか?)


さらに手荷物検査のところへ……渡印するということで結構大荷物、大荷物だと検査があることが多いらしいと聞いていたのでドキドキしていました。

…が手荷物検査の係員が皆ワンズに興味津々→係員がワンズを覗く→ワンズ驚いて吠える→係員テンションUP

という訳で、結局ワンズの書類を見せただけで、その他の大荷物に関しては何も検査せずに、「行っていいよ」と言われてしまいました。
それでいいのか、荷物検査。


カートに荷物とワンズのコンテナを乗せて移動しましたが、周りのインド人(空港に迎えに来ていると思われる)がワンズに興味津々。
インド人は犬を見慣れているはずですが


そんなワンズのコンテナには「FRAGILE」のタグがついていまいた。
壊れ物です
13

家に着き、ワンズをだして荷物をほどいたら、ワンズが私のスーツケースに乗ってきて遊んでいました。
11

長男と末っ子、毛が短くて今とは別ワンコのようです。


飛行機でワンコつれて移動なさる方が、皆(ワンコ共々)無事で移動出来ますようにと祈っています

 

インドに行くまでの話や観光も色々書きたいと思っていますが、インドに来てから本当に一日が過ぎるのが早く、なかなか着手出来ず……
何もしてないのに時間だけが過ぎていく

まず手始めに、インドに行くときの話


成田空港にて。
2012-08-25 14:07:39 写真1

ちょうどロンドン五輪開催中で、空港内もオリンピック一色でした。


JALにて、成田-デリー線へ…
2012-08-25 14:08:00 写真1

おっと、これは、ボーイング787

ちょうど乗る前に偶然ニュース番組で新型のボーイングの紹介を見ていたので、まさか乗れるとは思わず、テンション


その中でも私の心を掴んだのが、窓

今までの窓だと、外を見たいけど眩しい、でもシェードを下げると外が見れないというジレンマに陥っていたのですが…
B787はそのシェードがなく、窓の色を変化させることによって日を遮るという、画期的なものなのです。



下のボタンで、5~6段階くらいに窓の色の濃度を調節できます。
一番明るいので普通の窓くらい、一番暗くして濃紺くらい。
それでも全く外が見えなくなるというわけではなく、外が明るければ、もののシルエットは確認できるくらいの色です。

左側は2くらいの明るさ、右側が一番暗い色です↓
2012-08-25 14:05:31 写真1


機長さんが放送で、ボーイング787の説明もしてくださりました

暫くすると、「富士山が見えます」の放送…でも、私側の窓ではない…と思ったら、眼下に見覚えがある形が…

清水港周辺でした。
私は静岡出身なので、この形は懐かしい…

2012-08-25 14:05:57 写真1


そして、大きな積乱雲も…
2012-08-25 14:08:24 写真1

結構明るめですが、ちょうど中間ぐらいの濃度で画像より明るくありません。


……そして、インド到着。

2012-08-25 14:08:49 写真1

Welcome to India!!

आपका स्वागत हैं
 は「ようこそいらっしゃいました」だそうです。  हैं !(へ!)


このあと犬も色々大変だったのですが……うちのワンズも無事にB787犬になることが出来ました
ありがとうB787



さて小ネタ。
ANAが2012年10月に成田-デリー線就航。
日本からインドに行く空の足もますます選択肢が増え、楽しみになりそうです。
 
成田=デリー線/ヤンゴン線 新規就航(ANA)



読み終わったらぽちっとお願いします
       →にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

ぼやき気味です→

このページのトップヘ