最近、スーパーなどで結構見かけるようになったお菓子があります。

それが、オーストラリアのお菓子といえばこのチョコレートビスケット、TimTam ティムタム なのです
IMG


友人Nさんが、

「サウスポイントモールのマルシェで発見しちゃったんだけど
(マルシェ:スーパー Le Marche)

と言って持ってきてくれたのが、インドでコレが売っているのを知ったきっかけ。


その後、よく注意して見てみたら、他のスーパーやインドのコンビニ 24Seven、さらにはうちの近所の小さい売店でも販売していて、ただいま絶賛売り出し中らしい


種類は、カプチーノ(上)と、チョコレート(下)の2種類。
サイズはこの6個入りと10個入りがあります。

6個入りがRs.80(約123円) 10個入りがRs.125(約192円)。
普段のおやつとして全然許されるお値段




さて、うらを見るとシールが貼ってあるので、輸入品だということは分かるのですが、アラビア語も書いてあるし、そっちにも輸出しているタイプのものなのね。
いったいどこ産よとチェック
IMG

インドネシア製でした。

インドやイスラム圏に輸出するものは結構インドネシアが多い印象。
インドネシアはイスラム教徒の方も多いので、ベジタリアンフードもハラールフード(イスラムの教えに則り「許されている」食べ物)にちゃんと対応しているイメージがあります

オーストラリアの隣国インドネシアでは現地生産されており、本国オーストラリアよりやや安い価格で販売され、やはり人気の商品である。(Wikipedia:ティムタム)




さて、中身ですが、個包装になっています。(オーストラリア製の通常サイズのものは個包装ではないです。)

開けると、見た目はどちらもチョココーティングで普通のティムタムっぽい
IMG



大きさですが、オーストラリア製のティムタムの写真が残っていたので、同じお皿で大きさ比べIMG_2049

インドの方が一回り小さいです。



さて、お味ですが……

ザクザクビスケットの間に、ちょっとムースっぽいクリーム(チョコ味はチョコクリーム、カプチーノ味はカプチーノクリーム)が挟んであり、それをチョココーティングしてあります。


まあ、悪くない……


……悪くないけど、オーストラリアのティムタムとは周りのチョコも中に挟んだクリームも味が違う。




よく考えたら、東南アジア(主にインドネシアやタイ、フィリピンなど)など気温高めの地域で作られているチョコ製品は、溶けにくいチョコレートで作っているものが多いんだった。
タイのポッキーも日本のとはチョコが違うし、インドのキットカットもチョコがちがう

そう、このティムタムもまずコーティングのチョコの味が暑い国仕様のチョコ味(多分)
口どけと舌触りがイマイチなの


そして中身のクリームが、オーストラリアのものはもっとチョコっぽいのですが、コチラはムースっぽい感じ。
こちらはオーストラリアのティムタムでも味のバージョンが沢山あるので一概には言えないのですが。



ここはオーストラリアのティムタムとは別物と考え、インドで手に入るこのタイプのお菓子の中ではクオリティはかなり高め

小分け包装なのもポイント高い



なんだかんだ言って、今後もおやつとして買ってしまう商品なのでした。
(でも日本に帰ったらカ〇ディコーヒーで、オーストラリアのティムタムを買って味を確認するんだと誓ったのでしただって大好きなんだもんティムタム)

皆様も見かけたら手に取ってみてくださいね








Twitterをチェック☟
     



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ