前の記事:
インドの結婚式その1、エンゲージパーティに行く


さてインドの結婚式、その2。
エンゲージパーティの次の日は、午後に新婦父であるDr.C宅でメヘンディ&ハルディが開催されました。

さて、メヘンディ&ハルディについて
    メヘンディ(Mehndi, Mehendi, मेहंदी)
    結婚式前に新婦に施されるメヘンディの儀式。
    メヘンディとはヘナという植物のペーストで肌に模様を染め上げるもので、ヘナタトゥとも呼ばれています。
    メヘンディは新婦を邪悪なものから身を守り幸運を呼ぶと言われています。
    メヘンディは皮膚表面を染めるだけなので1-2週間で消えます。

    ハルディ(Haldi, हल्दी)
    結婚式前に新郎新婦にターメリックを顔や手に塗る儀式。
    ハルディとはターメリック(ウコン)のこと。
    ターメリックは浄化の力を持ちます。
    新郎新婦それぞれ行われます。

さて、エンゲージパーティの翌日の午後にグルガオン(グルグラム)にあるDr.Cのお宅に行ったところ、入り口から明らかに結婚式の家だと分かる飾り付けが
image

入口で、久々に我が家のワンズをクリニックでよく世話してくれていたDr.Cのアシスタントくんにも会えました


さて、お宅のお庭ではすでにパーティが。

食べ物屋さんが沢山来ています
imagem1

まずは端っこにあったゴルガッパ(パニプリ)
imagem3

インドの人気スナック。
一口サイズの小麦粉でできた生地を揚げたものに穴をあけ、その空洞に冷たいスパイススープを入れて食べるもの。
スープをこぼさないようにこれを一気に一口で食べます
インド人は大好きで、よくわんこそばならぬわんこゴルガッパ状態で食べています


そして次はダヒバラ(Dahi bhalla, Dahi vada)
豆の粉でできた甘くない揚げドーナツ(ワダ)に、甘いヨーグルト、ミント&コリアンダーのソース、タマリンドの甘いソースをかけたものです。

こんな風に作ってます
(一応つぶしている手はビニール手袋着用)



出来上がり品
imagem2

しょっぱくて甘くて辛くて酸っぱい という味のデパートメント。

私はこの味がダメなときもあるのですが、ココのはまあまあ美味しかったです

もちろん、このほかにカレーも、デザートもありました。



食べ物だけでなく、もちろんインドらしく新婦と写真撮影も
imagem5


会場にはDJも来ていて、音楽が始まるとそこはすっかりダンス会場に
imagem4


新婦パパ(Dr.C)&ママもダンスしながら写真撮影
image

にぎやかなインドの結婚式一連行事です



続く。



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
         にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る