10日ほど前、我が家にコウロギが出没しました。
日本で一番見かけそうな体長2cmくらいのそれほど怖くない大きさのもの。
どこかから入ってきたのかな?と思いつつ、ビニール袋で捕獲して、外にサヨナラしました

その晩はそれで済んだのですが……

その後、1日経過するごとに倍々で増えていく我が家に出没するコウロギ
その数増えに増えて、一晩に10匹以上も捕まえては外に出すという事態に 


10匹以上出没するようになり2日目。
捕獲したコウロギを入り口のドアから外に出そうとしたとき、ふと気がついたことが…


まず、インドのコウロギは飛ぶということ。
跳ぶではなく飛ぶのです。
入り口ドア外の明かりの周りをブンブン飛ぶ虫がポトリと落ちたらコウロギでした
(とはいえ、やはり基本は地面を行くコウロギ。捕獲するとき、大理石の床の上ではコウロギは焦って滑りながら跳んでいる(飛ぶにあらず)ので、ビニール袋で簡単に捕まえられます。)



そして、我が家に出没するコウロギは入り口ドア隅の塞ぎきれていない隙間から入ってくるらしいということ。

コウロギを外に出すためにドアを開けると、ブンブン飛ぶのと廊下をぴょんぴょん飛ぶのと壁に止まっているのと…既に複数匹のコウロギがドアの外で待ち構えている状態。

そして、日本から持ってきたドアの隙間ストッパーの長さが足りない分、幅3cm、高さ1cmに満たない隙間から、私が見ているにもかかわらず、廊下にいたコウロギがチョロチョロ入ってきたのです。
実際の隙間

image

この隙間は、スポンジ系隙間テープをドアの下に重ねて貼り、速攻塞ぎました。

 


その後、家中のドアと窓をチェックし、まだコウロギが入ってくるかもしれないドアの下に殺虫スプレーをガンガン撒き、家の中は液体蚊取りにプラスして、蚊がいなくなる系のスプレーをすべての部屋に定期的に撒きました。

以前も紹介した、蚊がいなくなる系スプレー(日本&インド)
(参考:新製品に弱い私:殺虫剤&抗アレルギー薬編)

image

左は日本のものですが、右はインドのものです(ALL OUTR ALL NIGHT Mosquito & Fly Spray)。

両方とも(更に私が持っている日本の他の会社のモノも含む)、殺虫成分はピレスロイド系のトランスフルトリンで、日本のものの方がその成分の濃度は濃くなっていました。
(使用方法を読む限りは、インドの方がスプレー量が多く、有効時間は日本より短いので、妥当かな。)

 


なんとこれが昆虫には最強なのです。
コウロギごめん…と思いつつシュッシュし、朝起きたらコロコロ転がっている瀕死のコウロギをまた外へ


これを続けたら、その前まで10匹以上出没していたコウロギが半減、その後は2匹、1匹、そしてついにNo出没

これで、夜寝ている最中に、どこかから「カサ…カサカサ……」という音がしない平穏な我が家に戻ったのでした。


さて、コウロギのことを周りに方にも聞いたのですが、私の住むアパートメントだけではなく複数のアパートメントで、今年に限ってコウロギが大量発生しているようです。
インドにお住いの皆様のお宅にも、コウロギが出没するかも…頑張って戦いましょう


※ ちなみにこの記事内にコウロギの画像がないのは、コウロギを捕獲中は必至で写メどころじゃなかったからです



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報はコチラから
        にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

Twitterの最新ぼやきを見る