小ネタ。(既に毎回このネタ)
今年はいつもより大気汚染で外が白く煙るのが早いと思ったら、本当に早かったのですね。

インド:首都でPM2.5深刻 大気汚染、基準値16倍超 (毎日新聞)
地元メディアなどによると、2日には過去17年間で最悪の濃霧が発生。翌3日には首都郊外の高速道路で視界不良により車約20台の玉突き事故が起きた。市内各地では霧のため渋滞が起き、市民生活に影響が出ている。

この季節でこれだけ白く煙っているということは、今後もっと寒くなったときにはどうなるのでしょうか。
もしや、飛行機が濃霧でデリーに着陸できない悪夢再び
(参考記事:長かった…バンコク→デリー空の旅)

あれは本当に洒落にならないので、この大気汚染を何とかしてほしいものです。




さて、こんな大気汚染のインドでも、通勤などの足にバイクを使っている人が本当に沢山います。

ここらへんでは、バイクの運転手はもちろんヘルメットを被り(さすがに当然ですね)、現在では後ろに同乗する女性もヘルメットを被らなければならなくなりました。
(以前は同乗の女性は被らなくても良かったのですが、少し前にルールが変わりましたまた州ごとに違うこともあります…それでいいのかインド。)


しかし、インドではバイクに乗るときはヘルメットを被らねばならないというルールに例外があります。

それはシク教徒の方々。
日本人が「インド人」というと思い出す、頭に大きなターバンを巻いている人がシク教徒です。

実は、シク教徒はバイクに乗るときにヘルメットを被らなくていいのです。
だって、ターバンがあるのでヘルメットが被れないのですから

image


赤いバイクに乗る通勤中のシークのお兄さんは、ターバンにゴーグルにバンダナで完全防備。
ここまでくるとちょっとカッコイイ



この方はバンダナをマスク代わりにしている感じですが、普通の布でこんなふうに結んでいるシク教徒の男性を朝見かけることがあります
参考画像

image


本当に虫歯が痛いのか?と思う感じの結び方をしているのですが、あれはシク教徒の男性のお髭を整えるためなのだとか。

シク教徒の男性は髪の毛と同じく髭も剃ってはいけないそうで、そのために皆様豊かな髭を蓄えていらっしゃいます。
そしてその髭は髪の毛と同じく朝には寝癖が付くそうでそれを整えるため、そしてバイクの運転で乱れないためにあの虫歯の人みたいな包帯を巻いているそうです。 
さすが、お洒落に気を配るインド人だわ




ま、今日は私も帽子にサングラスにマスクという変装三点セットを身に着けて、最初の画像のシークのお兄さん並みの完全防備で出かけてしまいましたが。

そんな変装グッズ並みの私に街中で出会ってもスルーしてください




ぽちっとお願いします→にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

ぼやき気味です→