(※追記2020.8.4 お値段記載しました)


2020年8月3日、遂にインドにカレーハウスCoCo壱番屋がオープンするという情報をget



6月末にユニクロに行ったときは看板だけだったので、いつできるのかと待ちわびていました
FullSizeRender
(記事:久々にユニクロに行った話♪)


さて、8月3日はラクシャバンダン(ラキというミサンガみたいなものを女性からブラザーにあげる日。Wikipedia:ラーキー)

myダンナ様の会社もお休みだったのですが、Web会議で会社に行かねばならず「ついてくる?」と言われ一緒に会社に行ったので、帰りにココイチに行くことに


実は3月以来、4カ月半ぶりの外食です
ちなみに3月下旬から7回目の外出です(引きこもりなので)


ココイチがあるのはグルガオン(グルグラム)の新ビジネス街サイバーシティ内にあるレストラン街「サイバーハブ Cyber Hub」(地図は記事の最後) 。


サイバーハブの駐車場の入口でチケットを取ったら速攻窓を閉めてください

こんなにミストを噴射されます
FullSizeRender

消毒液だと思います


サイバーハブに入るときは前回(記事:久々にユニクロに行った話♪)と同じく体温チェックとインドの新型コロナ接触追跡アプリ「Aarogya Setu」チェックがあります。


祝日ということもあり、サイバーハブはガラガラ…
IMG


そんな中、ローストチキンのナンドスの真上、ココイチだけは行列が
IMG

ソーシャルディスタンスを守りつつ並んでいます。
お店の中にも外にも取材陣がいて賑やかです


30分ほど待って、漸く店内へ。

「いらっしゃいませ~」の声に迎えられました。
お店の入口で体温チェックと名前と電話をチェックされます。

そして席へ案内されました
IMG

綺麗な店内

現在は1テーブル空けて、ということになっています。
お店もこのコロナ禍で大変です
IMG


メニューはwebでということで表示しようとしたのに繋がらない(皆見てたのかな?)
お店の人の注文の機械で文字を読んで注文しました


カレーは、日本と同じくカレーの種類、量、辛さ、トッピングを選び注文します。


注文してから先に来たジュースを飲んで待つこと10分程。

カレーが来ました
IMG

私が頼んだのは、チキン(stew)カレー、辛さレベル1。

レベル1で日本の一般的なカレーの中辛~辛口の間位。
チキンも臭くないです。
そしてお米は噂の日本からの輸入米

モッチリのお米にグレービーなカレールー、
これが日本のカレー


日本のようにルーに牛脂を使えないのでそのコクはないのですがそれを十分補う味でした。


さらに福神漬け(画像中ほど)も付いてくるので、久々に日本を感じられましたよ



そしてmyダンナ様は、先日のWBSでも映っていたチキンカツカレー
IMG

myダンナ様は「え、これチキン?チキン?」と言いながら完食していました



さて、先着400人にプレゼントされるノベリティのマグカップも頂いてきました。
インドのイラストも、カレーも可愛い
IMG
☝でもmyダンナ様の青い方の青いカレーは……



※追記
うっかり気になるお値段を載せるのを忘れていました。

IMG


茹でチキンカレー(私) Rs.355(約500円)
チキンカツカレー(myダ) Rs.475(約670円)

でした。(税・サービスチャージ別)
日本のお米とルーを使って、この味……大満足のお値段です。


折角なので帰りに記念撮影
IMG


店内での飲食の他、テイクアウトやインドの食べログ的サイトZomatoでもデリバリー注文できるそうです
(☞Zomato/Curry House CoCo Ichibanya)



さてココイチインド1号店オープンの話題は、早速webニュースに、そしてNHKのTVの夜のニュースでも報道されていましたよ


インドに「ココイチ」オープン カレー本場、独自ソースで挑戦:時事ドットコム 





4カ月半以上ぶりの外食にテンション上がったインドのココイチ1号店レポでした






カレーハウスCoCo壱番屋 CoCo Ichibanya (グルガオン/サイバーハブ店)
Cyber City, 1st Floor, DLF Cyber City, Sector 24, Gurugram, Haryana








Twitterをチェック☟
     



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ