インドは先週、遂に気温がMaxになりました

インド北部、熱波で50度 首都は5月最高気温を18年ぶり更新 (時事ドットコム) 


家の中にいて、窓を触ると日なたでもないのにヤバい暑さ。
水道水はキザー(geyser 給湯器)を通してなくてもお湯が出てきます。


週の半ばから週末にかけて何度も季節の境目のアーンディ(嵐)が来ています。
今日も夕方に来たので、だいぶ涼しくなりました



そんな中、インドでは約30年ぶりにバッタが大量発生

今年はアフリカから中東でワタリバッタ(Wikipedia/ワタリバッタ、種類名はサバクトビバッタ :Wikipedia/サバクトビバッタ)が大量発生して移動。
インドにも来ると言われていましたが、5月25日にジャイプールを大量のバッタが通過し、デリーNCRでもバッタ襲来の可能性が……


インドのバッタ被害、過去30年間で最も深刻 | 2020/5/29 (新華社通信)
インド政府によると、同国では過去30年間で最悪の被害が出ているという。政府のバッタ対策機関幹部、K・L・グルジャール氏は、風向きにより、バッタの群れが数日後に首都ニューデリーの方向に移動する可能性もあると話した。

ジャイプールの動画が恐ろしすぎる(上記記事動画参照)
バッタ来ないで~~


……そういえば3年ほど前は、この近辺でコウロギが大量発生していましたが、もし来たら初ワタリバッタです(笑い事じゃない)

そのときの話






さて本題。

インドではまだ新型コロナウィルスが感染拡大しています。

そんな中少しずつ規制が緩和され、人の往来も増加しているので、いろいろな除菌の対策をしています。


まず除菌といえば定番のハンドサニタイザー

インドがで新型コロナウィルスの話が出たときに、myダンナ様から「ハンドサニタイザー買っておけ」令が出たので、いろいろなブランドのものを一通り買っておいたのが今になって役立っています
IMG

左が欧米系の世界的なメーカーのもの(のインド製)、右がインドメーカーのもの。
どれもアルコール配合(エタノール、イソプロピルアルコール)です。

ジェルタイプで使い心地は特に変わりなく、使われている香料の好みで選べばOK

一時期、インドでもハンドサニタイザーが品薄になりましたが、今では普通に手に入ります。




これらを使っていたところ、myダンナ様から
「物を拭いたときにジェルが少しベタベタするスプレータイプのさらっとしたのが欲しい
との指摘を受け買ったのがコレ
FullSizeRender

こちらは通販で買ったスプレータイプのハンドサニタイザー。
アルコール配合です。

ちなみに、パッケージがちょっとぼろくなっているのは、届いたものはすべて洗剤で洗わなければならないから




そして、次にハンドソープ

我が家では各水道にハンドソープが置いてあるものの、一日に数えきれないくらい手を洗うので、詰め替え用を買ってみました
	 IMG

インドでは結構メジャーなイギリスの消毒液のブランド デトール Dettol のハンドソープ。
詰め替え用はにもいろいろなサイズが売っていますが、お買い得になっていたものを購入

インドもいろいろなものの詰め替え用を見かけるようになってきたので、ちょっとはエコ意識が高まっているのかな?と思っています。



さらには、日本でも推奨されている次亜塩素酸ナトリウム液を作って消毒もしています。

次亜塩素酸ナトリウムといえばハイターなどの塩素系漂白剤。
もちろんインドにも売っています。

いちばんよく見かけるのが衣類用漂白剤 Rin Ala Fabric Whitener(右)
	 IMG


拭き消毒のためには0.05%の次亜塩素酸ナトリウム液がよいとのこと。
 →次亜塩素酸ナトリウム液の作り方 - 経済産業省 



Rinは次亜塩素酸ナトリウム4%配合なので、
0.05%の溶液をつくるのには、1Lの水に対してRin 12.5mL。

      ※次亜塩素酸ナトリウムは常温保存で分解するので水溶液を作る際には濃度にご注意を。下記リンクに目安が載っています。

      花王の塩素系漂白剤で、次亜塩素酸ナトリウム0.05%、0.1%の液は作れるの?(花王株式会社)
      通常、塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは、常温で保管されていてもゆっくりと分解し、濃度が低下していきます。特に、直射日光のあたる場所や高温での保管では分解が進むことが、一般的に知られています。
      したがって、お手元の「ハイター」「キッチンハイター」に含まれている次亜塩素酸ナトリウムも、様々な条件で分解している可能性があり、濃度を特定することができません。必要な次亜塩素酸ナトリウム濃度の希釈液を作るためには、下表に示す目安で希釈することをおすすめします。



これらは、拭き掃除のほか、外出したときの靴の消毒(上の画像の使ってなかった植木鉢の受け皿を使っています)やマスクの漬け置き洗いにも使っています。


ちなみに、先日日焼け止めを塗ってマスクをしたのですが、マスクをこの液に付け置きしたところ、ピンクに染まりました

じつは、日焼け止め漂白剤に反応してピンクになるのです

こちらは、漂白除菌後、洗剤で洗うことで落ちます
(天然繊維の場合は色が落ちないこともあるのでお気を付けください)


インドで買った新型コロナ対策の除菌系グッズの紹介でした。
皆様も身の回りを清潔に保ってくださいね





Twitterをチェック☟
     



にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報
     にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ